FC2ブログ

フンギリン(アムホテリシンB)10mg


フンギリン(アムホテリシンB)10mg


フンギリン10mgは口腔内カンジダに対して直接作用するトローチタイプの経口抗真菌薬です。フンギリン10mgの有効成分であるアムホテリシンBは真菌の膜ステロールを含む細胞膜と結合し、その膜に小さな穴をあけることで透過性障害を起こさせ、菌を死滅させる作用を発揮します。薬物耐性問題がなく、病原性真菌に対して選択的に強い抗菌活性を示すことから、重篤な真菌感染症の治療や深在性真菌薬として実用されている抗真菌剤です。また、経口服用の場合では体内への吸収がほとんど認められない、というもうひとつの特徴があります。そのためアムホテリシンBの内服は、薬剤の直接的な接触による治療が効果的な病気に対して使用されます。この特徴を利用して作られたのがトローチタイプのフンギリン10mgです。口の中でゆっくり溶かすことで薬の成分が患部に直接作用します。そのため全身的な副作用はほとんどなく、口腔内および口周囲のカンジダに対して優れた治療効果を発揮します。カンジダ菌は口中、消化管、膣などに普通に生息しており、普段は人体に対して害を与えませんが、風邪、疲労、ストレスなど体力の低下をはじめ、ステロイドや抗生物質の使用などが原因となって抵抗力が低下したり、ホルモンバランスが崩れると発症し、感染症を引き起こすことがあります。口腔カンジダ症は大きく分けて、口の中に白い苔状のものができる偽膜性カンジダ症と粘膜が赤くなる萎縮性カンジダ症があり、義歯を使用している高齢者や口腔内が乾燥しているなど、口腔内が不衛生な状態になっている場合に多く見られ、特にこれといった痛みなどはありません。通常は、抗真菌剤などの内服薬で治療します。

フンギリン(アムホテリシンB)10mg

ピロリ菌除去各1箱パック


ピロリ菌除去各1箱パック


有効成分として、抗生物質を2種類、胃酸分泌抑制薬を1種類含有しています。抗生物質はアモキシシリンが1カプセルに250mg、クラリスロマイシンが1錠に500mg、胃酸分泌抑制薬はラベプラゾールが1錠に20mg含有しています。これらを一緒に服用することで、胃の中のピロリ菌が殺菌され、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を予防することができます。

ピロリ菌はヘリコバクター・ピロリといわれ、細菌の仲間です。通常、細菌は胃では強力な酸である胃酸によって殺菌されてしまい生息できないと考えられていました。しかし、ピロリ菌は胃酸を中和するアンモニアを生成するが可能であり、胃の中でも生育ができるようになっています。そのため、ピロリ菌は胃に感染すると自然には殺菌されず、除菌しない限り胃の中からなくなりません。

ピロリ菌は、放っておくと様々な胃の症状を引き起こします。主な症状として、食欲不振、胸やけ、吐き気、腹痛等の症状起こし、症状が進行すると胃癌の原因にもなります。

ピロリ菌と胃癌の関係は密接で、1994年には世界保健機関(WHO)によってピロリ菌は確実な癌因子であると認定しています。胃潰瘍、十二指腸潰瘍や胃炎等の患者を対象にした調査では、10年間で胃癌になった人の割合は、ピロリ菌に感染していない人では0%なのにもかかわらず、感染している人では2.9%であったと報告されています。現代の医学では、胃癌の発症を予防するためにはピロリ菌を除去する必要があるといわれています。

ピロリ菌除去パックは、抗生物質2種類と胃酸分泌抑制薬1種類の計3種類を同時に1日2回7日間服用することで、高確率でピロリ菌を殺菌することができます。有効成分アモキシシリンはペニシリン系抗生物質といわれ、ピロリ菌に対して殺菌的に作用します。クラリスロマイシンもマクロライド系の抗生物質といわれ、細菌のタンパク質合成を阻害して抗菌作用をあらわします。ラベプラゾールは胃酸分泌抑制薬で、抗菌薬2種(アモキシシリン+クラリスロマイシン)と併用することでピロリ菌に対する殺菌効果が上昇する相乗効果が認められています。

これらの強力な殺菌作用により、胃潰瘍または十二指腸潰瘍の患者を対象にした臨床試験では83~90%の除菌率を示したと報告されています。

ピロリ菌除去各1箱パック

ニゾラールジェネリック(ケトコナゾール)200mg


ニゾラールジェネリック(ケトコナゾール)200mg


ニゾラールジェネリック(ケトコナゾール)200mgは強力な抗真菌薬です。

服用することで、病気の原因となるカビの仲間である真菌を殺すことができます。

大切な家族であるペットの真菌症を治療することができ、真菌症によっておこる諸症状を改善します。

ニゾラールジェネリック(ケトコナゾール)200mgは、インドの有名な製薬会社であるSAVA (サバ)社によって製造・販売されています。

SAVA (サバ)社は2003年に設立された比較的新しい企業ですが、数多くのジェネリック医薬品を製造・販売しています。

インドはジェネリック大国といわれるだけあり、SAVA (サバ)社のニゾラールジェネリック(ケトコナゾール)200mgも安価でありながら先発品と遜色ない高品質なお薬となっています。

安価でありながら優れた治療効果が期待できるので、大切なペットを守るため多くの飼い主の方に愛用されています。

もしもペットが真菌症に感染したときのための常備薬として、あらかじめ購入しておくのもおススメです。

動物のリンパ節、眼、骨、皮膚、肺(気道)真菌感染症の治療のために使用されています。
とくに、コクシジオイデス症、クリプトコッカス症などの他の抗真菌剤が無効あるいは効果が弱い重大な全身性真菌感染症の治療に使用することが推奨されています。

ニゾラールジェネリック(ケトコナゾール)200mg

ケトシップ(ケトコナゾール・ジェネリック)200g


ケトシップ(ケトコナゾール・ジェネリック)200g


ケトシップ(ケトコナゾール・ジェネリック)200gは強力な抗真菌薬です。

服用することで、病気の原因となるカビの仲間である真菌を殺すことができます。

ケトシップ(ケトコナゾール・ジェネリック)200gは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社はインドのムンバイに本社を構える製薬会社で、1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、高品質な医薬品を製造・販売しているとして、インド国内では医薬品シェアの多くを占めています。

ケトシップ(ケトコナゾール・ジェネリック)200gもそんなシプラ社が製造している高品質なお薬の1つであり、安価でありながら非常に優れた治療効果を得ることができます。

ケトシップ(ケトコナゾール・ジェネリック)200gは、爪真菌症や皮膚糸状菌感染症、カンジダ感染症の治療には適用されません。
また、ケトコナゾールの移行性が悪く、感染部位までケトコナゾールが移行できないので真菌性髄膜炎の治療にも使用することができません。
他の抗真菌療法が利用できないか、治療による利益が副作用のリスクを上回ると考えられる場合のみ服用することができます。
ヒストプラズマ症、コクシジオイデス症、ブラストミセス症などの他の抗真菌剤が無効あるいは効果が弱い全身性真菌感染症の治療に使用することが推奨されています。

ケトシップ(ケトコナゾール・ジェネリック)200g

クアドリダームRFクリーム


クアドリダームRFクリーム


クアドリダームRFクリームは、アメリカに拠点を置く世界的な製薬メーカーMSDによって製造・販売されている塗り薬です。

有効成分として、副腎皮質ステロイド剤のベクロメタゾンプロピオン酸エステル0.025%、抗真菌剤のクロトリマゾール1%、抗生物質のネオマイシン0.5%の3つを含有しています。
それぞれの有効成分によって、1日2~3回を気になる患部に塗ることで、皮膚の痒みや赤み等の炎症症状を鎮め、原因となる細菌や真菌を殺菌することができます。

1つめの有効成分ベクロメタゾンプロピオン酸エステルは、副腎皮質ステロイドといわれるお薬で、抗炎症、抗アレルギー、消炎作用を有しています。
その作用は非常に強力で、複数ある副腎皮質ステロイド剤中でVery strong(かなり強力)に分類されています。
湿疹、皮膚炎、蕁麻疹、虫刺され、乾癬等の治療に、ベクロメタゾンプロピオン酸エステルは使用することが可能です。

2つめの有効成分クロトリマゾールは、抗真剤といわれるお薬で、水虫やいんきんたむし等の原因菌となる白癬菌(真菌)を殺すことができます。

3つめの有効成分ネオマイシンは、アミノ糖系抗生物質といわれるお薬で、病気の原因となる細菌を殺す効果があります。
日本では、ネオマイシンはフラジオマイシンという名前でも呼ばれています。

細菌感染によって化膿してジュクジュクになってしまった部位に使用することで、原因の細菌を殺菌し、皮膚をきれいな状態にしてくれます。
このような様々な皮膚症状に使用できるので、皮膚症状に悩む多くの方にクアドリダームRFクリームは愛用されています。

クアドリダームRFクリームを使用するにあたり、注意することがあります。
クアドリダームRFクリームは皮膚に使用するためのものであり、目に使用することができません。
誤って目にクアドリダームRFクリームが入ってしまった場合は、流水などでよく洗い、必要であれば眼科を受診するようにしてください。
治療以外の目的(化粧下、ひげそり後等)にも使用しないようにしてください。

また、大量または長期にわたる広範囲の密封法等の使用により、副腎皮質ステロイド剤を経口で内服したのと同様の全身症状があらわれることがあります。
そのため、クアドリダームRFクリームを漫然と使用せず、症状の改善がみられない場合または症状の悪化をみる場合は使用を中止するようにしてください。
症状改善後も、漫然と使用せず、できるだけ速やかにクアドリダームRFクリームの使用を中止するようにしてください。

クアドリダームRFクリーム

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR