FC2ブログ

バルトレックスジェネリック500mg10錠


バルトレックスジェネリック500mg10錠


バルトレックスジェネリックは性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹などの治療に用いられる抗ウイルス薬で、バルトレックスのジェネリック医薬品です。

性器ヘルペスや口唇ヘルペスは再発しやすく、抗ウイルス薬の早期服用が治療のカギとなるため、バルトレックスジェネリックを常備しておくのがおすすめです。

バルトレックスジェネリックは単純ヘルペス(1型, 2型)、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する抗ウイルス薬です。

有効成分のバラシクロビル塩酸塩は、ヘルペスウイルスDNAの複製を阻害することにより、ウイルスの増殖を抑えます。人間に感染するヘルペスウイルスには種類が8個あり、代表的なものに、単純ヘルペスウイルスが原因の口唇ヘルペス・性器ヘルペス、水痘・帯状疱疹ウイルスが原因の水ぼうそうや帯状疱疹などがあります。

口唇や性器ヘルペスでは、感染した場所に水ぶくれができ、痛痒い状態が続きます。水ぶくれが潰れて出てくる浸出液にはウイルスが含まれているため、接触することで他の人にうつす可能性もあります。

原因となる単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、1型には70~80%、2型には2~10%の日本人が感染していると言われ、とても身近にあるウイルスです。感染しても通常元気な時には症状が現れませんが、体の免疫が低下すると、体の中のヘルペスウイルスが増殖し、水ぶくれ症状を引き起こすのです。

帯状疱疹は昔に感染した水痘・帯状疱疹ウイルス(水ぼうそう)が原因で、体の抵抗力が低下している時に主に体の片側に痛みを伴った赤い発疹や水ぶくれを起こします。治療において、どの疾患にも共通してとても重要なのが、抗ウイルス薬をできるだけ早期に投与することです。

内服治療では昔はアシクロビル(商品名ゾビラックス)というお薬が主流でしたが、作用時間が短く、1日5回も服用しなければならないのが欠点でした。バラシクロビル塩酸塩はアシクロビルの弱点である作用時間を改善し、1日2~3回の服用で済むため、現在ヘルペスの内服治療では主流となっています。

バルトレックスジェネリック500mg10錠

バルトレックス500mg(10錠)


バルトレックス500mg(10錠)


バルトレックス500mgは、グラクソ・スミスクライン株式会社により製造・販売されている抗ウィルス薬です。有効成分として、1錠にバラシクロビルを500mg含有しています。有効成分バラシクロビルは、服用することで体内に吸収され、アシクロビルという抗ウィルス活性のある成分に変換されます。

アシクロビルは、ヘルペスウィルスや水痘・帯状疱疹ウィルスに感染した細胞の内部に入り込み、ウィルスのDNAの複製を阻害することでウィルスが増殖するのを抑制します。アシクロビルはウィルスに感染した細胞に対してのみ選択的に作用するので、ウィルスに感染していない細胞には無害なので非常に安全性が高いです。

バルトレックス500mgの治療効果は、ウィルス感染の初期に近ければ近いほど効果的です。帯状疱疹の発症後5日以内、水疱瘡においては2日以内にバルトレックス500mgの服用を開始することが効果的なので推奨されています。

バルトレックス500mgは、主に単純疱疹の治療に使用されています。単純疱疹とは、一般的にヘルペスといわれている疾患です。性器で発症したら性器ヘルペス、口唇で発症したら口唇ヘルペスといわれています。

原因となるヘルペスウィルスは成人の多くの方がすでに感染していますが、多くの場合症状がなく自覚がありません。しかし、風邪やストレス、仕事の疲労によって免疫力が低下したときに水ぶくれや発疹としてヘルペスの症状があらわれます。一度ヘルペスの症状が治っても、また免疫力が落ちてしまったら再発してしまいます。

ヘルペスの初期症状では、違和感やピリピリした感じがするので何度か再発している方は水ぶくれや発疹などの皮膚症状が出る前に気付くことができるようです。このような初期状態のうちにバルトレックス500mgの服用を開始すれば、ヘルペスは比較的治りやすいです。

性器ヘルペスの場合は、免疫力の低下だけでなく性交渉による感染でも発症します。主に若い女性に多く、性交渉をしてから2~11日後に発症することが多いです。

発見が遅れて症状が重くなりがちで、水ぶくれや痛みが激しくなるため排尿による痛みや歩行困難になることがあります。

ヘルペスの症状が確認できたら速やかに治療を開始するようにしてください。

バルトレックス500mg(10錠)

★ゾビラックスジェネリック(アシビルDT)200mg100錠


ゾビラックスジェネリック(アシビルDT)200mg100錠


ゾビラックスジェネリック(アシビルDT)200mg100錠


アシビルDTは、日本でも承認・販売されているゾビラックス錠200のジェネリック医薬品です。

アシビルDTは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

アシビルDTもそんなシプラ社が製造・販売している高品質な商品であり、安価でありながら非常に優れた治療効果を得ることができます。

服用することでウイルスDNAの複製を阻害することによりウイルスの増殖を抑えることができ、ヘルペスなどを治療することができます。

ウイルスは、細菌とは別の微生物です。

細菌より小さく、他の生物の細胞内で増殖します。

このうち、ヘルペスウイルスの仲間は皮膚や粘膜に水ぶくれを作るのが特徴的です。

単純ヘルペスウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルスがその代表です。

単純疱疹や帯状疱疹は、そのウイルスが皮膚や粘膜で暴れたし、発赤や水ぶくれを生じ、ピリピリと痛む病気です。

このお薬は、そのような悪さをするヘルペスウイルスに効く抗ウイルス薬です。

この種のウイルスが原因の単純疱疹(口唇・顔面ヘルペス、カポジ水痘様発疹症、性器ヘルペス)や水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹などの治療に用いられます。

ヘルペスウイルスの増殖をおさえますので、ウイルスの少ない発症初期に用いると効果的です。

初期治療により 病状の悪化がおさえられ、治癒を早めることができます。

ゾビラックスジェネリック(アシビルDT)200mg100錠

★ゾビラックス200mg25錠


ゾビラックス200mg25錠


ゾビラックス200mg25錠


ゾビラックスは、世界的に有名な製薬企業であるGlaxoSmithKline:GSK(グラクソ・スミスクライン)社によって製造・販売されている抗ウイルス薬です。

服用することでヘルペスウイルスの増殖を抑えることができます。

主に単純疱疹や帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の治療に用いることができます。

日本でも承認・販売されている先発品と同じものであり、服用することで強力な治療効果が期待できます。

ゾビラックス200mg25錠

バルトレックス1000mg


バルトレックス1000mg


バルトレックスは有効成分にバラシクロビル塩酸塩を含む抗ウイルス薬の1つで、単純ヘルペスや水疱・帯状疱疹などの治療に使用されています。単純ヘルペスや帯状疱疹の原因ウイルスであるヘルペスウイルスが体内に侵入すると、皮膚や粘膜に水膨れ(水疱)や発赤・ピリピリとした痛みなどの症状を引き起こすことが特徴です。

バルトレックスはこれらの症状を引き起こすヘルペスウイルスが体内で増殖しないようにDNAが複製されることを抑制する働きがあるため、ヘルペスウイルスに感染することによって引き起こされる症状の悪化を防いでくれる効果を期待できます。

また、単純ヘルペスや帯状疱疹などの治療に以前より使用されていたアシクロビルを主成分とするゾビラックスよりも作用時間が長いため内服回数を少なくすることができ、同じ効果を得ることができます。アシクロビルは、ヘルペスウイルスへの効果は十分に期待でき、副作用症状も少なく安心して内服することができましたが内服回数が多いことが難点となっていました。
この問題点を改良して作られたものがバラシクロビルを有効成分とするバルトレックスです。バラシクロビルを内服し、体内へ取り込むとき化学変化が起こるように改良したことで、体内への吸収率がはるかに高まりました。バラシクロビルは体内へ吸収され、肝臓で代謝されるとアシクロビルの形になるため、効果はアシクロビルと変わらない効果を得ることができます。

バルトレックス1000mg

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR