FC2ブログ

レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mg


レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mg

レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mg

抗うつ剤「レクサプロ」のジェネリックです。SSRI抗うつ剤と呼ばれ副作用を抑えた第3世代お薬です。うつ病・抑うつ状態・パニック障害・全般性不安障害など症状に効果的で、うつ病の再発防止にも効果があります。レクサプロは、副作用を抑え服用後の効果が短時間で見られることが人気の理由です。

レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mg

スポンサーサイト



サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg


サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg

国内2番目のセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)です。
セロトニン系とノルアドレナリン系の神経に働きます。この特性により、従来の抗うつ薬に多い口渇や、便秘などの副作用が軽減されているのです。

治療効果は他の抗うつ薬の効能とほぼ同じです。相似品として、ミルナシプラン(トレドミン)とベンラパキシン(イフェクサー)が発売されています。効果はまろやかで、強力とは言えませんが比較的効き方が速く、早期の治療効果が得られます。

ゆっくり、代謝や排泄されるので1日1回の服用で済むので飲み忘れが少ないのも利点だと言えます。

うつ病治療の第一選択として、あるいは他のうつ薬で効果が不十分であったり副作用で使いにくい場合の第二選択薬として処方される機会が増えてきています。

もう一つの効能として期待されているのが、慢性の痛みに効果があります。特に、糖尿病性神経障害にともなう疼痛に対しては、国内外で第一選択薬として推奨されています。高血糖がおきると、神経細胞の働きがおかしくなって、手足がしびれるなどの持続した痛みが続きます。

サインバルタは、痛みが持続する糖尿病性神経障害にともなう疼痛をやわらげてくれます。

さらに、慢性腰痛症と線維筋痛症に対する効能も追加認証されました。

抗うつ作用として、脳内の2つの神経伝達物質セロトニンとのるアドレナリンの再取り込みを阻害します。この結果、脳内シナプス間隙におけるその濃度が高まり神経の伝達がよくなります。セロトニンの増加は不安をやわらげ気分を楽にし、ノルアドレナリンの増加は意欲を高めると言われています。

また、鎮痛作用も期待できます。痛みを抑える神経として、下行性疼痛抑制神経には、ノルアドレナリン作動性神経とセロトニン作動性神経の系統があります。サインバルタは、2つの神経機能を高めることで、一次求心性神経から二次求心性神経への痛みの伝達を抑制するのです。

サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg

エフェクサーXR37.5mg


エフェクサーXR37.5mg

エフェクサーXR37.5mg

エフェクサーXR 37.5mgは、抗うつ薬です。

服用することで、気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れないなどの心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けてくれます。

エフェクターXR37.5mgという商品名はアメリカなどの海外での販売名であり、日本ではイフェクサーSRカプセルという名前で製造・販売されています。

エフェクター(EFFEXOR)の“or”は“実行する者”を意味する接尾辞であり、efficacy(有効性)に関連する“effex”を実行する者という意味で命名されています。

エフェクサーXR 37.5mgは、先発品医薬品として世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。

エフェクサーXR 37.5mg(一般名:ベンラファキシン塩酸塩、以下ベンラファキシン)は、神経伝達物質であるセロトニン及びノルアドレナリンの両方の再取り込み阻害作用を有する抗うつ薬(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤〔Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor〕:以下、SNRI)として、1981年に米国ワイス社(現ファイザー社)で発見されました。

当初、ベンラファキシンは1日2~3回投与の即放錠として開発され、1993年にニュージーランドで承認されました。

その後、治療アドヒアランスの向上を目的として、1日1回投与の徐放性カプセル製剤が開発され、1997年にスイスで承認されたのをはじめ、2015年4月現在で90以上の国と地域で承認されています。

エフェクサーXR37.5mg




エフェクサーXR150mg

エフェクサーXR150mg

エフェクサーXR150mgのご注文は、処方箋がなくても個人の使用に限り個人輸入が認められております。上記の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、 詳しくは医師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

エフェクサーXR150mg




エフェクサーXR75mg

エフェクサーXR75mg

エフェクサーXRは、現在、世界で最も売れている抗うつ剤の1つです。うつ病、抑うつ状態、対人恐怖症、全般性不安障害などに世界中で服用されています。プロザックに比べ若干効果が強いと感じる方が多いようです。

エフェクサーXR75mg

エフェクサーXR75mg


エフェクサーXR75mg

エフェクサーXR75mg

エフェクサーXRは、現在、世界で最も売れている抗うつ剤の1つです。うつ病、抑うつ状態、対人恐怖症、全般性不安障害などに世界中で服用されています。プロザックに比べ若干効果が強いと感じる方が多いようです。

エフェクサーXR75mg




エフェクサーXR150mg

エフェクサーXR150mg

エフェクサーXR150mgのご注文は、処方箋がなくても個人の使用に限り個人輸入が認められております。上記の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、 詳しくは医師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

エフェクサーXR150mg




エフェクサーXR37.5mg

エフェクサーXR37.5mg

エフェクサーXR 37.5mgは、抗うつ薬です。

服用することで、気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れないなどの心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けてくれます。

エフェクターXR37.5mgという商品名はアメリカなどの海外での販売名であり、日本ではイフェクサーSRカプセルという名前で製造・販売されています。

エフェクター(EFFEXOR)の“or”は“実行する者”を意味する接尾辞であり、efficacy(有効性)に関連する“effex”を実行する者という意味で命名されています。

エフェクサーXR 37.5mgは、先発品医薬品として世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。

エフェクサーXR 37.5mg(一般名:ベンラファキシン塩酸塩、以下ベンラファキシン)は、神経伝達物質であるセロトニン及びノルアドレナリンの両方の再取り込み阻害作用を有する抗うつ薬(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤〔Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor〕:以下、SNRI)として、1981年に米国ワイス社(現ファイザー社)で発見されました。

当初、ベンラファキシンは1日2~3回投与の即放錠として開発され、1993年にニュージーランドで承認されました。

その後、治療アドヒアランスの向上を目的として、1日1回投与の徐放性カプセル製剤が開発され、1997年にスイスで承認されたのをはじめ、2015年4月現在で90以上の国と地域で承認されています。

エフェクサーXR37.5mg

エフェクサーXR150mg


エフェクサーXR150mg

エフェクサーXR150mg

エフェクサーXR150mgのご注文は、処方箋がなくても個人の使用に限り個人輸入が認められております。上記の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、 詳しくは医師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

エフェクサーXR150mg




エフェクサーXR75mg

エフェクサーXR75mg

エフェクサーXRは、現在、世界で最も売れている抗うつ剤の1つです。うつ病、抑うつ状態、対人恐怖症、全般性不安障害などに世界中で服用されています。プロザックに比べ若干効果が強いと感じる方が多いようです。

エフェクサーXR75mg




エフェクサーXR37.5mg

エフェクサーXR37.5mg

エフェクサーXR 37.5mgは、抗うつ薬です。

服用することで、気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れないなどの心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けてくれます。

エフェクターXR37.5mgという商品名はアメリカなどの海外での販売名であり、日本ではイフェクサーSRカプセルという名前で製造・販売されています。

エフェクター(EFFEXOR)の“or”は“実行する者”を意味する接尾辞であり、efficacy(有効性)に関連する“effex”を実行する者という意味で命名されています。

エフェクサーXR 37.5mgは、先発品医薬品として世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。

エフェクサーXR 37.5mg(一般名:ベンラファキシン塩酸塩、以下ベンラファキシン)は、神経伝達物質であるセロトニン及びノルアドレナリンの両方の再取り込み阻害作用を有する抗うつ薬(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤〔Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor〕:以下、SNRI)として、1981年に米国ワイス社(現ファイザー社)で発見されました。

当初、ベンラファキシンは1日2~3回投与の即放錠として開発され、1993年にニュージーランドで承認されました。

その後、治療アドヒアランスの向上を目的として、1日1回投与の徐放性カプセル製剤が開発され、1997年にスイスで承認されたのをはじめ、2015年4月現在で90以上の国と地域で承認されています。

エフェクサーXR37.5mg

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR