FC2ブログ

ナファゾリン・フェニレフリン点眼薬(充血除去・潤い)


ナファゾリン・フェニレフリン点眼薬(充血除去・潤い)

ナファゾリン・フェニレフリン点眼薬(充血除去・潤い)


ナファゾリン・フェニレフリン点眼液はナファゾリンとフェニレフリンの2種類の薬剤成分を含む医薬品です。2つの薬剤を同時に含む医薬品の点眼液はありません。

2つの薬剤はそれぞれ異なった作用をもっています。ナファゾリンはα刺激薬という作用を持つ薬剤のグループです。

α刺激薬は全身の血管にあるα受容体というスイッチに作用する薬剤です。点眼薬だけではなく、鼻炎の点鼻薬としても使用されています。点眼する事で目の充血を改善します。

目の充血を取る薬剤と鼻炎の鼻づまりを治す薬が同じなのは不思議に思われるかもしれませんが、目が充血している時や、鼻づまりが起きている時は炎症によって、目や鼻にあるごく細い毛細血管が広がってしまっている状態です。

ナファゾリンはこのような状態のとき、使用した部分の拡張した血管をひきしめます。

目の充血は白目の部分の中にあるごく細い毛細血管が広がり、血管の赤さが白目の外からも目立つようになっている状態です。 そのためナファゾリンで血管を引き締める事で、血管が細くなり見えにくくなるため、充血を改善し澄んだ白目にする事ができます。

充血を改善する事はできますが、血管が拡張する原因となった疲れ目やアレルギーなどの炎症の原因を抑える訳ではないので注意が必要です。

もう1つの成分のフェニレフリンは瞳孔を広げる作用を持っています。

国内の医療用の高濃度フェニレフリン点眼液は、検査や手術で瞳孔を広げる必要がある時に用いられています。こちらの点眼薬には瞳孔が開きすぎてまぶしく感じない程度の配合になっています。

暗い場所での猫の目のように、瞳孔が少し開くと目は黒目がちになり、眼球の奥に光が入るため潤んで光るような印象を与える事ができます。

フェニレフリンを点眼する事でまぶしさを感じない程度にすこし瞳孔を開き、光でキラキラとした印象の黒目がちな目に見せる事ができます。

ナファゾリン・フェニレフリン点眼薬(充血除去・潤い)

スポンサーサイト



ユニブロム点眼薬(ブロムフェナク)0.09%


ユニブロム点眼薬(ブロムフェナク)0.09%

ユニブロム点眼薬(ブロムフェナク)0.09%


ユニブロム点眼液は目の炎症性の症状を改善する点眼薬です。結膜炎や眼瞼炎、強膜炎や目の手術後の炎症症状の改善の目的で使用されます。薬剤の成分の一般名はブロムフェナクナトリウム水和物です。国内では同じ成分の点眼液としてブロナック点眼液が処方され使用されています。国内の薬剤であるブロナック点眼液は0.1%の濃度です。ユニブロム点眼液の成分であるブロムフェナクナトリウムは、非ステロイド性抗炎症剤というグループの薬剤です。このグループの薬剤には、経口薬であるロキソプロフェン(ロキソニン)やアセチルサリチル酸(アスピリン)などがあります。

ブロムフェナクナトリウム水和物は、使用する事で経口薬の非ステロイド性抗炎症剤と同じように炎症を改善の効果を発揮します。ブロムフェナクナトリウム水和物は、体内で炎症を引き起こすプロスタグランジンという成分が、炎症の部位で生成されるのを妨げる作用を持つ薬剤です。この作用によって点眼した部位での炎症の症状を軽減します。使用の際には薬剤を清潔に保つ為に、容器の先端が直接目に触れないようにご注意ください。

ユニブロム点眼薬(ブロムフェナク)0.09%

オロブルーOD点眼薬0.2%


オロブルーOD点眼薬0.2%

オロブルーOD点眼薬0.2%


オロブルーOD点眼液はアレルギー性の結膜炎の症状を改善する薬剤です。
一般名はオロパタジン塩酸塩です。
同様の成分を含む国内の医薬品には、パタノール点眼液があります。国内のパタノール点眼液は0.1%の濃度ですが、このオロブルーOD点眼液は0.2%の濃度になっていることにご注意ください。
アレルギー反応によって目の痒みや充血、涙目などの症状が引き起こされるのがアレルギー性結膜炎です。痒みなどの症状は、くしゃみや鼻水の症状といっしょに、花粉症などの季節性のアレルギーに伴って引き起こされることも多くあります。
このような不快な目の症状がおこるのには、ヒスタミンやロイコトリエンなどのケミカルメディエーターと呼ばれる体内物質が関係しています。
この様な体内物質が脂肪細胞という細胞から放出される事で、アレルギーの症状がおこります。
オロブルーOD点眼薬0.2%は、点眼する事で目の粘膜でヒスタミンが働きかける先であるヒスタミン受容体の働きを妨げる他、ケミカルメディエーターが肥満細胞から遊離されるのを妨げます。
この作用によって、アレルギー性の結膜炎の症状を改善する点眼液です。

オロブルーOD点眼薬0.2%

イフ2点眼液


イフ2点眼液

イフ2点眼液


イフ2点眼液は、アレルギー性結膜炎治療薬です。

充血やかゆみ、目やに等の不快なアレルギー症状を改善します。第二世代・抗ヒスタミン薬で、副作用が少なく、長期使用にも適しています。

イフ2点眼液

フロモン(フルオロメトロン)0.1%


フロモン(フルオロメトロン)0.1%

フロモン(フルオロメトロン)0.1%


フロモン0.1%は、眼の炎症性疾患の治療薬です。日本で広く使われているフルメトロン点眼液のジェネリック医薬品です。

結膜炎、角膜炎、光彩炎、ブドウ膜炎、術後炎症など様々な眼の炎症に対して効果があります。眼の炎症反応を抑えることによって、眼の痛みや腫れ、かゆみなどの症状を緩和してくれます。

主成分のフルオロメトロンはステロイドです。フルオロメトロンの配合濃度は0.1%で、現在日本で承認されている最高濃度となっています。そのため、強力な抗炎症作用が期待できる点眼薬です。

一方、フルオロメトロンは、点眼剤に使われている他のステロイドと比較して副作用が少ないことが確認されています。また、この成分の点眼液は、日本では1975年から使用されており、現在も様々な眼の疾患に使われていますので、十分な効果と安全性があると考えられます。また、フロモン0.1%は主成分が、眼の表面に留まりやすいように工夫されています。この工夫も効果が持続しやすいことと副作用が少ないことに繋がっているのでしょう。

しつまり、効果が高く、副作用が少ない点眼薬ですので、安心して使うことができます。ただし、長期間使用すると副作用が発現することがありますので、長期に使用することは控えてください。

フロモン0.1%は1本5 mLですので、およそ100滴分となります。通常1回に1~2滴で、1日2~4回使いますので、症状や使い方によって変わりますが、概ね1本が2~4週間分となります。

フロモン(フルオロメトロン)0.1%

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR