FC2ブログ

タリオン錠ジェネリック


タリオン錠ジェネリック

タリオン錠ジェネリック


タリオン錠ジェネリックは、花粉症や蕁麻疹などのアレルギー症状を治療する抗アレルギー薬です。

日本でも承認・販売されているタリオン錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

アレルギーの発症には、ヒスタミンという体内物質が関与しています。

このお薬は、1日2回服用することでヒスタミンの受容体をブロックし、その働きをおさえることで アレルギー症状を緩和します。

花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎、ダニやハウスダストで起こる通年性アレルギー性鼻炎、じんま疹、湿疹のかゆみなどに有効です。

ただし、対症療法薬ですので、アレルギーの原因そのものは治せません。

タリオン錠ジェネリックは、1973年に設立されたインドの大手製薬企業であるAlkem Laboratories Ltd. (アルケム・ラボラトリーズ)によって製造・販売されています。

アルケム・ラボラトリーズは50年近い歴史を持つ老舗の製薬企業であり、インドの国内売上高でトップ10にも入るほどの大企業です。

アルケム・ラボラトリーズは50ヵ国以上の国や地域で高品質なジェネリック医薬品を製造・開発しています。

インドに14、アメリカには2つの製造拠点を持ち、世界中の医薬品規制当局の定めたガイドラインに従った良質な医薬品を数多く製造しています。

タリオン錠ジェネリックもそんなアルケム・ラボラトリーズが製造している高品質な医薬品の1つで、服用することで先発品であるタリオンと同様の強力な抗アレルギー効果を得ることができます。

タリオン錠ジェネリック

セチリジン10mg(ジルテックジェネリック)


セチリジン10mg(ジルテックジェネリック)

セチリジン10mg(ジルテックジェネリック)


アレルギーの発症にはヒスタミンという体内物質が関わっています。
アレルゲン(花粉やハウスダストなどのアレルギーを引き起こす原因物質)が体内に侵入してくると、異物であるアレルゲンを敵とみなして排除しようとするアレルギー反応が始まり、免疫系の細胞である肥満細胞からヒスタミンなど多くの化学伝達物質が大量に細胞外に放出されます。
放出されたヒスタミンは体内の色んな部位に存在するヒスタミン受容体(H1受容体)という部位に結合することで作用を発揮し、その結果様々な症状(鼻水、くしゃみ、痒み、炎症など)が誘発されるのです。

有効成分セチリジンはこのH1受容体を遮断することでヒスタミンを抑制し、アレルギー反応を抑えることでアレルギーによって起きた諸症状を改善します。
また、ヒスタミンだけではなくロイコトリエンなどの同じくアレルギーに関与する他の化学伝達物質の遊離も抑えてくれます。

このような作用があるため、セチリジンのような抗アレルギー薬は薬学的に「抗ヒスタミン薬」と呼ばれています。
抗ヒスタミン薬には古くからある「第一世代」と第一世代を改良して作られた「第二世代」に大きく分類されますが、セチリジンは第二世代に属する抗ヒスタミン薬です。
同系統の抗ヒスタミン薬は、アレグラ(有効成分フェキソフェナジン)・ザイザル(有効成分レボセチリジン)・クラリチン(有効成分ロラタジン)などです。
第一世代に比べると、効果はそのままでありがながらヒスタミン受容体への選択性が高まったために眠気や口渇などの副作用がかなり軽減されていることが大きな特徴です。

セチリジン10mg(ジルテックジェネリック)

ザジテンジェネリック


ザジテンジェネリック

ザジテンジェネリック


ザジテンジェネリックは抗ヒスタミン薬に分類されるザジテンのジェネリック医薬品で、さまざまなアレルギー症状を抑える作用があります。有効成分はケトチフェンで、気管支ぜん息、アレルギー性鼻炎、じんましんや湿疹などの皮膚のかゆみに効果があり、特に、花粉症などによる鼻水や鼻づまりにはよく使われています。

アレルギー疾患はヒスタミンという物質が関与をしており、ヒスタミンがヒスタミン受容体に結合するとかゆみや鼻水などのアレルギー症状が起こります。ザジテンジェネリックには受容体をブロックすることでヒスタミンが結びつかないようにする働きがあるので(抗ヒスタミン作用)、アレルギー症状を抑えることができます。服用してから比較的早く効果を感じることができますが、症状を改善するだけでアレルギーの病気を治す作用はありません。

ザジテンジェネリック

ケトチフェン1mg


ケトチフェン1mg

ケトチフェン1mg


有効成分ケトチフェン1mgを含有する抗アレルギー薬です。日本でも有名な抗アレルギー薬「ザジテン」のジェネリック医薬品になります。

インドの大手製薬Torrent Pharmaceuticalsが製造販売しており、世界各国に多く輸出されております。商品名は「ASTHAFEN」です。

気管支喘息、花粉症・ダニ・ハウスダストなど様々なアレルゲンによる季節性&通年性のアレルギー性鼻炎、蕁麻疹や湿疹、アトピー性皮膚炎などアレルギーによる様々な疾患の治療に世界中で使用されています。

ケトチフェンはアレルギーを引き起こす体内物質ヒスタミンの働きを抑制することでアレルギー反応を抑えるため、抗ヒスタミン薬と呼ばれます。

眠気・口渇などの副作用が現れにくい第2世代タイプで、安全性が高く幅広い年齢層において使いやすい薬剤です。

ケトチフェン1mg

オロブルー点眼薬0.1%


オロブルー点眼薬0.1%

オロブルー点眼薬0.1%


オロブルー点眼薬0.1%はアレルギー性の結膜炎の症状を改善する薬剤です。一般名はオロパタジン塩酸塩です。同様の成分を含む国内の医薬品には、パタノール点眼液があります。アレルギー反応によって目の痒みや充血、涙目などの症状が引き起こされるのがアレルギー性結膜炎です。痒みなどの症状は、くしゃみや鼻水の症状といっしょに、花粉症などの季節性のアレルギーに伴って引き起こされることも多くあります。このような不快な目の症状がおこるのには、ヒスタミンやロイコトリエンなどのケミカルメディエーターと呼ばれる体内物質が関係しています。この様な体内物質が脂肪細胞という細胞から放出される事で、アレルギーの症状がおこります。オロブルー点眼薬0.1%は、点眼する事で目の粘膜でヒスタミンが働きかける先であるヒスタミン受容体の働きを妨げる他、ケミカルメディエーターが肥満細胞から遊離されるのを妨げます。この作用によって、アレルギー性の結膜炎の症状を改善する点眼液です。

オロブルー点眼薬0.1%

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR