FC2ブログ

カーディゼムCD180mg


カーディゼムCD180mg


カーディゼムCD180mg


カーディゼムCD 180mgは、塩酸ジルチアゼムを有効成分とする、本態性高血圧症(軽症~中等症)・狭心症・異型狭心症の治療薬です。
高血圧患者のうちおよそ9割は、本態性高血圧症と呼ばれる病態であり、その原因を特定できていません。塩分の過剰摂取や太りすぎ、運動不足、タバコや酒の過剰摂取といった環境要因や肥満といった遺伝的体質が深く関与していると考えられているものの、原因が明確になっていないため、血圧のコントロールが治療の主体となります。

また、心臓に酸素を供給する冠動脈の異常により一過性の虚血状態になる狭心症は、胸痛や胸部への圧迫感などがあり、心筋が壊死したり心筋梗塞をともなう場合もあります。 異型狭心症は、狭心症と同じく虚血性心疾患のひとつですが、心臓表面の冠動脈が痙攣することで症状が現れるもので、安静時に胸痛や胸部の圧迫感といった発作が起こることで知られています。

カーディゼムCD 180mgの有効成分である塩酸ジルチアゼムは、血管の平滑筋にあるL型カルシウムチャンネルのD部位に結合し、カルシウムチャンネルの機能を阻害する働きがあります。これによって心臓の冠動脈を直接拡張し、脈拍数を明らかに減少させることで血圧をコントロールし、本態性高血圧症(軽症~中等症)や狭心症、異型狭心症の症状を緩和するのです。
カーディゼムCD180mg

カーディゼムCD180mg


カーディゼムCD180mg


カーディゼムCD180mg


カーディゼムCD 180mgは、塩酸ジルチアゼムを有効成分とする、本態性高血圧症(軽症~中等症)・狭心症・異型狭心症の治療薬です。
高血圧患者のうちおよそ9割は、本態性高血圧症と呼ばれる病態であり、その原因を特定できていません。塩分の過剰摂取や太りすぎ、運動不足、タバコや酒の過剰摂取といった環境要因や肥満といった遺伝的体質が深く関与していると考えられているものの、原因が明確になっていないため、血圧のコントロールが治療の主体となります。

また、心臓に酸素を供給する冠動脈の異常により一過性の虚血状態になる狭心症は、胸痛や胸部への圧迫感などがあり、心筋が壊死したり心筋梗塞をともなう場合もあります。 異型狭心症は、狭心症と同じく虚血性心疾患のひとつですが、心臓表面の冠動脈が痙攣することで症状が現れるもので、安静時に胸痛や胸部の圧迫感といった発作が起こることで知られています。

カーディゼムCD 180mgの有効成分である塩酸ジルチアゼムは、血管の平滑筋にあるL型カルシウムチャンネルのD部位に結合し、カルシウムチャンネルの機能を阻害する働きがあります。これによって心臓の冠動脈を直接拡張し、脈拍数を明らかに減少させることで血圧をコントロールし、本態性高血圧症(軽症~中等症)や狭心症、異型狭心症の症状を緩和するのです。
カーディゼムCD180mg

カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。
レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン�Uに変換され、このアンジオテンシン�Uがアンジオテンシン�U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン�U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン�U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

カンデサルタンシレキセチル32mg90錠




カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。

レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン�Uに変換され、このアンジオテンシン�Uがアンジオテンシン�U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン�U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン�U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

カンデサルタンシレキセチル16mg90錠

カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。
レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン�Uに変換され、このアンジオテンシン�Uがアンジオテンシン�U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン�U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン�U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

カンデサルタンシレキセチル32mg90錠




カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。

レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン�Uに変換され、このアンジオテンシン�Uがアンジオテンシン�U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン�U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン�U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

カンデサルタンシレキセチル16mg90錠

カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。

レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン�Uに変換され、このアンジオテンシン�Uがアンジオテンシン�U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン�U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン�U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

カンデサルタンシレキセチル16mg90錠




カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。
レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン�Uに変換され、このアンジオテンシン�Uがアンジオテンシン�U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン�U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン�U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

カンデサルタンシレキセチル32mg90錠

カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。

レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン�Uに変換され、このアンジオテンシン�Uがアンジオテンシン�U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン�U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン�U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

カンデサルタンシレキセチル16mg90錠




カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。
レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン�Uに変換され、このアンジオテンシン�Uがアンジオテンシン�U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン�U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン�U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

カンデサルタンシレキセチル32mg90錠

カルロック(カルベジドール)12.5mg


カルロック(カルベジドール)12.5mg


カルロック(カルベジドール)12.5mg


カルロックは、慢性心不全や高血圧、狭心症の症状を改善する治療薬として日本で販売されているアーチスト(第一三共)、アーチワン(沢井製薬)などのジェネリック医薬品です。 カルベジロールBP(Carvedilol BP)を有効成分とし、交感神経の受容体(α受容体、β受容体)を双方遮断する治療薬として、日本で初めて認可を受けました。血圧を下げ、心機能症状を改善させるため、慢性心不全や高血圧の薬として積極的に使用されています。

カルロック(カルベジドール)12.5mg

カルロック(カルベジドール)12.5mg


カルロック(カルベジドール)12.5mg


カルロック(カルベジドール)12.5mg


カルロックは、慢性心不全や高血圧、狭心症の症状を改善する治療薬として日本で販売されているアーチスト(第一三共)、アーチワン(沢井製薬)などのジェネリック医薬品です。 カルベジロールBP(Carvedilol BP)を有効成分とし、交感神経の受容体(α受容体、β受容体)を双方遮断する治療薬として、日本で初めて認可を受けました。血圧を下げ、心機能症状を改善させるため、慢性心不全や高血圧の薬として積極的に使用されています。

カルロック(カルベジドール)12.5mg

カルロック(カルベジドール)12.5mg


カルロック(カルベジドール)12.5mg


カルロック(カルベジドール)12.5mg


カルロックは、慢性心不全や高血圧、狭心症の症状を改善する治療薬として日本で販売されているアーチスト(第一三共)、アーチワン(沢井製薬)などのジェネリック医薬品です。 カルベジロールBP(Carvedilol BP)を有効成分とし、交感神経の受容体(α受容体、β受容体)を双方遮断する治療薬として、日本で初めて認可を受けました。血圧を下げ、心機能症状を改善させるため、慢性心不全や高血圧の薬として積極的に使用されています。

カルロック(カルベジドール)12.5mg

カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)300mg


カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)300mg


カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)300mg


カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)は、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン�Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン�U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。

高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

この除圧薬は高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症に対して有効です。またイルベタン錠ジェネリックは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。イルベタン錠ジェネリックを服用したことで、血圧を下げるために血管が広がり、体内における水分や電解質のやりとりがコントロールされます。その効果で腎臓病や心臓病の患者にも有効であると考えられています。

もうひとつの有効成分であるヒドロクロロチアジドは、チアジド系利尿薬です。高血圧の原因として特に大きな割合を占めているのが、塩分の過剰摂取です。 塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分濃度が上がり、細胞組織の活動が低下します。そこで、腎臓が塩分濃度を下げようと、水分を血液中に送り出して水分で薄める作用が働くため、血液の全体量が増加し、血圧が増加します。チアジド系利尿薬は、腎臓内にある遠位尿細管での水およびナトリウムイオンの再吸収を抑制する働きを持っています。それにより尿排泄量が増え、降圧作用を発揮します。

カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)300mg




カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)150mg


カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)150mg


カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)は、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン�Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン�U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。

高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

この除圧薬は高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症に対して有効です。またイルベタン錠ジェネリックは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。イルベタン錠ジェネリックを服用したことで、血圧を下げるために血管が広がり、体内における水分や電解質のやりとりがコントロールされます。その効果で腎臓病や心臓病の患者にも有効であると考えられています。

もうひとつの有効成分であるヒドロクロロチアジドは、チアジド系利尿薬です。高血圧の原因として特に大きな割合を占めているのが、塩分の過剰摂取です。 塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分濃度が上がり、細胞組織の活動が低下します。そこで、腎臓が塩分濃度を下げようと、水分を血液中に送り出して水分で薄める作用が働くため、血液の全体量が増加し、血圧が増加します。チアジド系利尿薬は、腎臓内にある遠位尿細管での水およびナトリウムイオンの再吸収を抑制する働きを持っています。それにより尿排泄量が増え、降圧作用を発揮します。

カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)150mg

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR