FC2ブログ

アサコール(メサラミン)800mg


アサコール(メサラミン)800mg

アサコール(メサラミン)800mg


余分な成分が入っていないため、他の治療薬より副作用が少ないです。炎症性腸疾患治療剤の最大マーケットであるアメリカにおいて、炎症性腸疾患治療剤のシェアNo1であり、世界60数ヵ国で販売されています。

アサコールは、潰瘍性大腸炎やクローン病の炎症(重症を除く)を抑える抗炎症剤です。有効成分メサラミンUSPは、元々は慢性関節リウマチの治療薬として開発されましたが、潰瘍性大腸炎への有用性が認められたため、現在では潰瘍性大腸炎およびクローン病の治療薬として使用されています。 炎症性細胞から放出される活性酵素を消去し、炎症の進展を組織の障害を抑制するだけでなく、炎症性細胞の組織侵入防止などの作用により炎症を抑えることで、効果を発揮します。また、クローン病の再発にも、わずかながらの効果があると言われています。アサコールは、アメリカでの炎症性腸疾患治療剤市場の約半分を占めるシェアNo1の治療剤であり、世界60数ヵ国で販売されています。

※潰瘍性大腸炎 : 潰瘍性大腸炎は、大腸の炎症により、潰瘍やびらができる疾患です。下血を伴うまたは伴わない下痢と腹痛が主な症状で、便が少しずつゆるくなり、やがて出血が現れ、けいれん性の腹痛と排便が起こるようになります。症状が重くなると、体重減少・発熱・貧血などが起こる場合もあります。

※クローン病 : クローン病は、全消化器官(口腔から肛門まで)の全域に、潰瘍ができたり慢性炎症がおきる、原因不明の疾患です。 潰瘍性大腸炎と同様に原因は不明で、遺伝や細菌・ウイルスによる感染などのほか、動物性たんぱく質や脂肪を多く摂取する食生活も関係していると考えられています。侵された部位で症状は異なりますが、腹痛と下痢が約半数の人にみられます。 けいれん性の腹痛、体重減少、出血を伴う慢性下痢、発熱、食欲不振、全身倦怠感、貧血などが数日から数週間続いたのち、症状は一旦治まりますが、これで完治したわけではなく、不規則に生涯を通じて再発します。

アサコール(メサラミン)800mg

スポンサーサイト

へパロ(エンテカビル水和物)0.5mg


へパロ(エンテカビル水和物)0.5mg

へパロ(エンテカビル水和物)0.5mg


へパロは、エンテカビル水和物を有効成分とするB型肝炎の経口抑制剤です。

B型肝炎の治療においては、B型肝炎ウィルスを除去したうえで、肝炎を鎮静化させることが目標になります。現在は、肝臓内におけるB型肝炎ウイルスの複製・増殖を防ぐ抗ウイルス療法が有効であるとわかっており、数種類の薬剤が使用されてきました。しかし従来の薬剤では、副作用や耐性ウイルスの出現、腎毒性などが問題視されており、新しく開発されたのがエンテカビル水和物を有効成分とする治療薬です。

へパロは、B型ウイルスに強力かつ選択的な阻害活性を示すことでウイルスのDNA複製を妨ぎ、増殖を阻止するとともに高い抗ウイルス効果をも持ち合わせます。 約2年間にわたる治療の結果、約94パーセントの割合でウイルスがほぼ消滅したという臨床結果も出ているなど、既存のB型慢性肝炎治療薬の中で優れた効果を発揮するものです。 耐性ウイルスに対しても有効であるため、現在は、B型慢性肝炎治療の第一選択薬としてされています。

へパロ(エンテカビル水和物)0.5mg

【ヒマラヤ】バエル(胃腸)


【ヒマラヤ】バエル(胃腸)

【ヒマラヤ】バエル(胃腸)


バエルはインドの有名医薬品メーカー「ヒマラヤ社」が製造販売する健康サプリメントです。あらゆる胃腸トラブルに対して改善効果があります。
インドの伝統医学アーユルヴェーダの思想をベースとして、最新の医学知識・技術のもとで研究開発されました。

5000年以上の歴史がある最古の医学「アーユルヴェーダ」はWHO(世界保健機構)でも代替医療として正式に認められている医学療法です。インドから世界中に発信され、日本でも主にヨガ・エステなどでアーユルヴェーダが広く浸透しています。

アーユルヴェーダでは人間の中にある自然エネルギーのバランスが心身に影響を及ぼすと考えられており、そのエネルギーに働きかけて心・精神・肉体のバランスを整えることで身体を癒し安定させます。
病気や不調の治療だけではなく、予防・根本的な病因の除去・健康の維持増進・美容・アンチエイジング(延命)にも重点を置いています。

アーユルヴェーダで使用される薬は全て自然から得られたものであるため、西洋医学の医薬品と比較すると身体に優しく副作用がほぼありません。

バエルの有効成分も「バエル」という天然ハーブです。古代から神聖な植物として重宝されており、果実・葉・樹皮といった多くの部位が下痢・食あたり・赤痢・寄生虫感染・大腸炎など胃腸症状全般の治療薬として使用されていました。

バエルには胃腸に対する様々な改善作用があるため、胃腸トラブルを予防改善して胃腸の健康をサポートしてくれます。

胃腸が弱い、下痢や便秘など胃腸トラブルが多い、胃潰瘍や胃炎、食欲不振や消化不良、疲労やストレスの影響が胃に現れる、過敏性腸症候群(ストレスが引き起こす下痢や便秘などの症状)などといった悩みを抱えているかたに特にお勧めです。

【ヒマラヤ】バエル(胃腸)

【ヒマラヤ】ダイアレックス(胃腸)


【ヒマラヤ】ダイアレックス(胃腸)

【ヒマラヤ】ダイアレックス(胃腸)


胃腸の健康サポートを目的とした、天然成分配合の健康サプリメントです。
インドの大手サプリメントメーカー「ヒマラヤ社」が伝統医学アーユルヴェーダの思想に基づいて開発しました。

ダイアレックスは大腸壁の細胞の機能を正常化し、腹痛・下痢などといった様々な胃腸トラブルを改善します。
有効成分として優れた抗菌作用や収斂作用を持つアーユルヴェーダハーブが豊富に配合されております。

胃弱体質・頻繁に胃の調子が悪くなる・下痢気味・感染性の胃腸炎・胃腸風邪・旅行先などで胃の調子が不安といったケースの予防改善目的に適しております。
天然成分で構成されているため身体に優しく安全です。

【ヒマラヤ】ダイアレックス(胃腸)

【ヒマラヤ】ヤシマドゥ(Yashtimadhu)


【ヒマラヤ】ヤシマドゥ(Yashtimadhu)

【ヒマラヤ】ヤシマドゥ(Yashtimadhu)


ヤシマドゥはインド発祥の伝統医学アーユルヴェーダに基づいて研究開発されたサプリメントです。主に胃腸の機能を向上し、強く若々しい健康な身体に導いてくれます。
アーユルヴェーダ医学に特化したイント?の人気医薬品メーカー「ヒマラヤ社」が製造販売してます。

アーユルヴェーダはギリシャのアラビア医学・中国の中医学と共に世界の三大伝統医学と呼ばれる有名な医学療法で、WHO(世界保健機構)でも予防健康医学として正式に認められています。5000年以上の歴史を持ち、古代から現在に到るまで多くの方々に親しまれてきました。

アーユルヴェーダでは人間が持つ自然エネルギーによる心・精神・肉体のバランスが心身に影響を及ぼすと考えられており、このバランスを整えることで身体を癒します。
治療よりも病気や不調を予防することに重点を置いており、根本的な病因の除去、体質改善、健康維持促進を目的としています。

アーユルヴェーダで使用される薬は全て天然ハーブなどの自然から得られるものであり、身体への負担や副作用がなく安全性が高いです。

ヤシマドゥの有効成分も「ヤシマドゥ」というマメ科の多年草です。 ヤシマドゥはサンスクリット語で、和名は「甘草(カンゾウ)」、英名は「リコリス」です。
漢方医学でもお馴染みの非常に有名な生薬で、良薬として古代から世界中で多く使用されてきました。

主に胃酸過多・逆流性食道炎・胃炎(慢性、神経性などあらゆるタイプに)・潰瘍性疾患・関節炎やリウマチ・身体に痛みやこわばりがある・よく足がつったりこむら反りになる・風邪による咳や痰・肝機能低下・アレルギー性疾患といったものに対して改善効果を発揮しますが、多くの優れた効果効能があるため健康や美容を意識する全ての方にお勧めできます。

【ヒマラヤ】ヤシマドゥ(Yashtimadhu)

Liv52DSシロップ(肝機能強化)


Liv52DSシロップ(肝機能強化)

Liv52DSシロップ(肝機能強化)


Liv52DSシロップは、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造・開発された肝臓の機能を強化してくれるシロップです。

1930年に創業が開始された100年近い歴史をもつ老舗のサプリメントメーカーであるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売がされています。

ヒマラヤ社はインドの歴史ある伝統医学アーユルヴェーダに基づいた製品を多く開発し、世界中に発信している製薬メーカーです。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた生薬を大量に使用し、100%天然成分のみで構成されているのにもかかわらず強力な効果が得られるといわれています。

服用することで肝臓の回復を促進し、肝臓にダメージを与えるような成分から保護してくれます。

主にウイルス性肝炎、アルコール性肝疾患、肝硬変前症、食欲不振、脂肪肝などの症状改善のために使用されています。

Liv52DSシロップ(肝機能強化)

肝臓腎臓ケア(LKC)|オーガニックインディア


肝臓腎臓ケア(LKC)|オーガニックインディア

肝臓腎臓ケア(LKC)|オーガニックインディア


肝臓腎臓ケアは、主に肝臓・腎臓の機能を向上して健康をサポートしてくれるアーユルヴェーダサプリメントです。

有効成分はフィランサス・プナルナヴァ・コオウレンなどの優れた効能を持った天然ハーブです。
これらのハーブには肝保護作用・腎保護作用をはじめ抗ウイルス・抗菌、免疫力強化、抗酸化(アンチエイジング)、血液浄化・解毒、利尿作用などの多くの健康作用があり、古代から良薬として重宝されてきました。

肝臓と腎臓は健康・生命維持のために非常に重要な臓器ですが、病気やトラブルも多い臓器です。肝臓腎臓ケアは自然の力で身体の治癒力を高め、健康維持増進を叶えてくれるサプリメントです。

肝臓腎臓ケア(LKC)|オーガニックインディア

ファモシッド(ガスター・ジェネリック)40mg


ファシッド40mg(ガスタージェネリック)


ファモシッド(ガスター・ジェネリック)40mg


ファモシッドはインドの大手製薬サン・ファーマ社から製造販売されている世界的に有名な胃腸薬です。有効成分としてファモチジン40mgを含有しております。
日本でも超メジャーな胃腸薬「ガスター」の海外ジェネリック医薬品です。

ファモシッドは胃酸の分泌を強力に抑えることで、胃酸過多によって起こる胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎などの胃腸トラブルを改善してくれます。
鎮痛薬(NSAIDs)などの胃に多少の負担がかかる薬剤による胃荒れの予防改善目的にも多く使用されます。

胃腸が弱く、日常的に胃痛・もたれ・胸やけ・むかつきを感じる方におすすめです。

ファモシッド(ガスター・ジェネリック)40mg

ファシッド40mg(ガスタージェネリック)


ファシッド40mg(ガスタージェネリック)

ファシッド40mg(ガスタージェネリック)


ファシッドに含まれているファモチジンは、H2ブロッカーとも呼ばれ、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など消化性潰瘍の治療薬として有名です。

ファモチジンは日本でも承認されている成分なので安心して内服して頂けます。胃酸の分泌に大きく関わるヒスタミンは、神経伝達などの役割を担っているホルモンの1つです。
通常は、細胞の中に蓄えられているだけですが、刺激があると細胞から放出され、ヒスタミンが作用し始めます。
ヒスタミンが体内のどの場所にあるかによって、ヒスタミンがどのように作用するのか異なってきます。
例えば、血管や脳に多くみられるヒスタミンH1受容体は、炎症やアレルギーを引き起こします。胃酸にあるヒスタミンH2受容体は、胃酸を分泌する働きを持ちます。

ファモチジンは胃にあるヒスタミンH2受容体がヒスタミンからの信号を受け取ることを妨げ、胃酸の過剰分泌を防ぐ働きを持っています。
また、普段は口から体内に入ってくる細菌を殺菌する役割を持つ胃酸が、ストレスなどで胃壁が弱っていると強い胃酸が返って悪影響を与え、胃粘膜を傷つけてしまい、胃潰瘍や胃炎を引き起こす原因となります。

ファモチジンは胃粘膜を保護する働きも持っており、胃酸の分泌も抑えてくれるため、胃粘膜への刺激を和らげてくれます。
鎮痛薬のロキソニンや非ステロイド性抗炎症薬のNSIDsなどの強い薬を内服する時などにも、胃壁を傷つけないようにとファシッドを併用して内服することで、胃に与える負担を最小限に減らしてくれる効果もあります。

ファシッド40mg(ガスタージェネリック)

パントセック(パントプラゾール)40mg


パントセック(パントプラゾール)40mg

パントセック(パントプラゾール)40mg


パントセックは、消化性潰瘍(胃潰瘍、十二指腸潰瘍)や流動性食道炎の治療薬として効果を発揮するほか、抗生物質と併用する事でピロリ菌の除菌補助薬としても使用できます。 有効成分パントプラゾールは、プロトポンプ阻害剤と呼ばれ、胃壁細胞に存在する、胃酸の分泌に関するプロトンポンプに作用し、胃酸の分泌を抑制する事で、症状を緩和します。

消化性潰瘍は、胃液の作用を受けやすい胃や十二指腸に主に発生します。胃から分泌される胃酸と、胃酸から胃壁を守る粘液の分泌バランスが崩れ、胃酸の影響を受けた胃壁に潰瘍や穴ができるために痛みを感じたり、ひどい場合には出血を起こします。 典型的な症状として、一般的に胃潰瘍の場合は食後に、十二指腸の場合は空腹時において 上腹部に痛みを感じ、しばしば胸やけやげっぷを伴います。

流動性食道炎は、胃から分泌される胃酸が食道に逆流して食道粘膜を刺激し傷つけることで起こる炎症です。 症状はあっても炎症がみられない場合もあり、近年では胃食道逆流症と言う概念で捉えられる事もあります。流動性食道炎の主な症状として、胸やけ・嘔吐・咽頭部や喉の痛み・肋間神経痛のような胸痛・声枯れ・耳痛などの不快症状があり、多くの場合は過度のげっぷがでます。また症状が重度になると出血を伴い、貧血を起こす事もあります。

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は、ヒトなどの胃に生息する細菌です。このピロリ菌による感染は、各種胃炎や消化性潰瘍、胃癌やMALTリンパ腫などの発症に関係のある事が分かっているほか、特発性血小板減少性紫斑病や小児鉄欠乏症性貧血、慢性蕁麻疹などの胃外性疾患の原因になることも分かっています。

パントセック(パントプラゾール)40mg

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR