FC2ブログ

ラサレクト(ラサギリン)


ラサレクト(ラサギリン)1mg


ラサレクト(ラサギリン)1mg


ラサレクトは、脳内の神経伝達物質であるドーパミンの減少を抑制するMAO-B(モノアミンオキシダーゼB)阻害薬であり、パーキンソン病の治療薬です。パーキンソン病の治療方法には薬物療法と外科療法があります。薬物療法のほとんどは、不足したドーパミンを補ったり、流出を防ぐことを目的としています。

有効成分ラサギリンは、脳内の線条体に存在する、MAO-B阻害活性を持ち、ドーパミンの分解を持続的に抑制し、ドーパミン量を増加させます。正常な人の場合ドーパミンが適切に放出され、情報伝達の後、ドーパミンは酵素によって分解されたり、神経細胞に取り込まれて再利用されたりします。パーキンソン病の人は、ドーパミン量不足のため、情報伝達がうまくできません。そこで、ラサギリンによって、ドーパミン分解酵素を抑制し、脳内のドーパミンを増量することで、パーキンソン病の症状を改善させます。ラサギリンは日本では未認可の成分ですが、国内で唯一認められているセレギリンの5~10倍のMAO-B阻害効果があり、効果が長時間持続するとされています。特にパーキンソン病の早期には、単独服用で有効であるとされています。



パーキンソン病
ジェームス・パーキンソン医師によって1918年に報告された進行性神経疾患です。厚生労働省により、特定疾患に認定されています。 安静時の手足のふるえ(振戦)、筋固縮(筋肉のこわばり)、動作緩慢、姿勢反射障害(バランスがとりにくくなる)などの運動障害が症状として挙げられます。日本では、人口10万人に対し100~150人の患者がいるとされ、平均発症年齢は50歳代後半から60歳代が多いようです。パーキンソン病は、ドーパミンの欠乏が神経活動調整機能を不能にし、運動が円滑にできなくなることにより発症するといわれています。パーキンソン病発症の原因については、いまだに解明されていません。

ラサレクト(ラサギリン)1mg




ラサレクト(ラサギリン)0.5mg


ラサレクト(ラサギリン)0.5mg


ラサレクトは、脳内の神経伝達物質であるドーパミンの減少を抑制するMAO-B(モノアミンオキシダーゼB)阻害薬であり、パーキンソン病の治療薬です。パーキンソン病の治療方法には薬物療法と外科療法があります。薬物療法のほとんどは、不足したドーパミンを補ったり、流出を防ぐことを目的としています。

有効成分ラサギリンは、脳内の線条体に存在する、MAO-B阻害活性を持ち、ドーパミンの分解を持続的に抑制し、ドーパミン量を増加させます。正常な人の場合ドーパミンが適切に放出され、情報伝達の後、ドーパミンは酵素によって分解されたり、神経細胞に取り込まれて再利用されたりします。パーキンソン病の人は、ドーパミン量不足のため、情報伝達がうまくできません。そこで、ラサギリンによって、ドーパミン分解酵素を抑制し、脳内のドーパミンを増量することで、パーキンソン病の症状を改善させます。ラサギリンは日本では未認可の成分ですが、国内で唯一認められているセレギリンの5~10倍のMAO-B阻害効果があり、効果が長時間持続するとされています。特にパーキンソン病の早期には、単独服用で有効であるとされています。



パーキンソン病
ジェームス・パーキンソン医師によって1918年に報告された進行性神経疾患です。厚生労働省により、特定疾患に認定されています。 安静時の手足のふるえ(振戦)、筋固縮(筋肉のこわばり)、動作緩慢、姿勢反射障害(バランスがとりにくくなる)などの運動障害が症状として挙げられます。日本では、人口10万人に対し100~150人の患者がいるとされ、平均発症年齢は50歳代後半から60歳代が多いようです。パーキンソン病は、ドーパミンの欠乏が神経活動調整機能を不能にし、運動が円滑にできなくなることにより発症するといわれています。パーキンソン病発症の原因については、いまだに解明されていません。

ラサレクト(ラサギリン)0.5mg

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR