FC2ブログ

へパロ(エンテカビル水和物)0.5mg


へパロ(エンテカビル水和物)0.5mg

へパロ(エンテカビル水和物)0.5mg


へパロは、エンテカビル水和物を有効成分とするB型肝炎の経口抑制剤です。

B型肝炎の治療においては、B型肝炎ウィルスを除去したうえで、肝炎を鎮静化させることが目標になります。現在は、肝臓内におけるB型肝炎ウイルスの複製・増殖を防ぐ抗ウイルス療法が有効であるとわかっており、数種類の薬剤が使用されてきました。しかし従来の薬剤では、副作用や耐性ウイルスの出現、腎毒性などが問題視されており、新しく開発されたのがエンテカビル水和物を有効成分とする治療薬です。

へパロは、B型ウイルスに強力かつ選択的な阻害活性を示すことでウイルスのDNA複製を妨ぎ、増殖を阻止するとともに高い抗ウイルス効果をも持ち合わせます。 約2年間にわたる治療の結果、約94パーセントの割合でウイルスがほぼ消滅したという臨床結果も出ているなど、既存のB型慢性肝炎治療薬の中で優れた効果を発揮するものです。 耐性ウイルスに対しても有効であるため、現在は、B型慢性肝炎治療の第一選択薬としてされています。

へパロ(エンテカビル水和物)0.5mg

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR