FC2ブログ

プレマリン0.625mg Wyeth (ワイス)


プレマリン0.625mg


プレマリン0.625mg


卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンは体内で重要な役割を担う重要な女性ホルモンです。これら2つのホルモンの増加減少のバランスにより、生理・妊娠・出産が成立します。

エストロゲンは正常な生理周期を保つ・排卵を起こす・女性の生殖器や乳房を発達させる作用の他、脳や中枢の神経機能や自律神経・循環器・脂質代謝・骨代謝など体内の様々な機能を正常に維持する作用があります。コラーゲン分泌促進作用により肌・粘膜の潤いやハリ艶を保つ作用もあるため、女性が美しく若々しく健康でいるために必須であるホルモンです。

更年期(閉経を迎えるまでの数年間、平均50歳前後)や卵巣欠落症状などによる卵巣機能の低下などの要因でエストロゲンの分泌が著しく減少すると、心身共に多くの不調が起こるようになります。このことを更年期障害と呼びます。

更年期障害は全ての女性に起こりうることですが、症状の発現には大きな個人差がありますが、主に疲労感、不眠、ほてりやのぼせ(ホットフラッシュ)、頭痛、めまい、不安やイライラ感などの全身症状が挙げられます。

プレマリン0.625mgは天然の結合型エストロゲンであるため、エストロゲンそのものを補充して体内で不足しているエストロゲンを補う作用を持つ薬です。主に更年期障害、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症の治療などでプレマリンは大活躍しています。尚、プレマリンのような女性ホルモン製剤を使用する治療を臨床の現場では女性ホルモン補充療法(HRT)と呼びます。

プレマリンはその他にも腟炎、機能性子宮出血、泌尿生殖器の萎縮に伴う膣の乾燥及び性交痛、尿失禁、不妊治療にも効果を発揮します。不妊治療においては、生理不順や排卵が起こらず妊娠が難しい状態である場合にプレマリンを服用してエストロゲンを補充することでホルモンバランスを整え生理周期が正常になり、結果的に妊娠確率のアップが期待されます。

また、長期間の服用で骨粗鬆症の予防効果が期待できます。プレマリンは骨量増加と骨折予防効果が世界的に認められている唯一の女性ホルモン製剤です。

プレマリンには美肌・美髪などの美容効果もありますが、局所的な効果を希望する場合は全身に作用する内服タイプのプレマリンより外用クリームタイプのプレマリンをお勧めします。 更年期障害などの全身的なエストロゲン欠乏による症状に対する効果はあまり期待できませんが、美容クリームのように肌に直接塗布できて全身的な副作用がほとんどないので安全性が高いです。

プレマリン0.625mg Wyeth (ワイス)

スポンサーサイト



コメント

KEYWORDS:
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR