FC2ブログ

バルトレックスジェネリック500mg10錠


バルトレックスジェネリック500mg10錠


バルトレックスジェネリックは性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹などの治療に用いられる抗ウイルス薬で、バルトレックスのジェネリック医薬品です。

性器ヘルペスや口唇ヘルペスは再発しやすく、抗ウイルス薬の早期服用が治療のカギとなるため、バルトレックスジェネリックを常備しておくのがおすすめです。

バルトレックスジェネリックは単純ヘルペス(1型, 2型)、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する抗ウイルス薬です。

有効成分のバラシクロビル塩酸塩は、ヘルペスウイルスDNAの複製を阻害することにより、ウイルスの増殖を抑えます。人間に感染するヘルペスウイルスには種類が8個あり、代表的なものに、単純ヘルペスウイルスが原因の口唇ヘルペス・性器ヘルペス、水痘・帯状疱疹ウイルスが原因の水ぼうそうや帯状疱疹などがあります。

口唇や性器ヘルペスでは、感染した場所に水ぶくれができ、痛痒い状態が続きます。水ぶくれが潰れて出てくる浸出液にはウイルスが含まれているため、接触することで他の人にうつす可能性もあります。

原因となる単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、1型には70~80%、2型には2~10%の日本人が感染していると言われ、とても身近にあるウイルスです。感染しても通常元気な時には症状が現れませんが、体の免疫が低下すると、体の中のヘルペスウイルスが増殖し、水ぶくれ症状を引き起こすのです。

帯状疱疹は昔に感染した水痘・帯状疱疹ウイルス(水ぼうそう)が原因で、体の抵抗力が低下している時に主に体の片側に痛みを伴った赤い発疹や水ぶくれを起こします。治療において、どの疾患にも共通してとても重要なのが、抗ウイルス薬をできるだけ早期に投与することです。

内服治療では昔はアシクロビル(商品名ゾビラックス)というお薬が主流でしたが、作用時間が短く、1日5回も服用しなければならないのが欠点でした。バラシクロビル塩酸塩はアシクロビルの弱点である作用時間を改善し、1日2~3回の服用で済むため、現在ヘルペスの内服治療では主流となっています。

バルトレックスジェネリック500mg10錠
スポンサーサイト



コメント

KEYWORDS:
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR