FC2ブログ

ロニテンジェネリック(ミノキシジル)10mg+フィンカー+Lリジン1000mgセット


ロニテンジェネリック(ミノキシジル)10mg+フィンカー+Lリジン1000mgセット


ロニテンジェネリックの成分はミノキシジルです。ミノキシジルは血管拡張や血行促進の効能がある高血圧薬ですが、服用した患者の髪がフサフサとなったことから発毛効果が確認されました。

錠剤のロニテンジェネリックは有効成分が体の中から作用をするので高い発毛効果が望めます。頭皮の収縮した血管を拡張して頭皮の血行を促進することで発毛作用をあらわすと考えられています。

服用開始から数週間後、一時的に初期脱毛期間が発生します。驚かれるかもしれませんが、古い毛が新しい毛に変わるための代謝がはじまります。

服用開始から3ヶ月ほど経つと毛の入れ替わりが完了に向かい、脱毛量は減少します。産毛が生え始め、それらが成長し後退型脱毛やM字脱毛部分に毛根が根付きはじめます。

一般に効果を自覚できるようになるまでは3ヶ月間~半年以上の期間が必要といわれます。継続的に内服することで、抜け毛の減少と発毛効果を常に実感できるようになります。

効果の実感は段階的に訪れるでしょう。手の甲、腕毛、頬や背中の毛、眉毛、こめかみの産毛(服用開始3?6週間後が目安)、そして最後に頭髪という順番で毛量は増えます。これはAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)とDHTの生産に必要な5α還元酵素が頭部にのみ影響を及ぼすため、全身の毛根が活性化されてもDHTの妨害により頭部の発毛が遅れて発現するためです。頭髪以外の体毛が増えてきたらよいサインです。いずれ髪の毛に発毛効果が現れるシグナルと考えてください。

ちなみに、服用を中止すると1?6ヶ月ほどで服用前と同じ状態に戻ります。(服用期間・用量によります)

内服期間中は体重や血圧の変化を細かくチェックする習慣をつけましょう。過剰摂取は、めまいや失神などを引き起こす原因となります。座ったり立ったりした状態から急に立ち上がらないようにしてください。服用後は車の運転や機械操作は控えた方が良いでしょう。


フィンカーは、前立腺肥大症治療薬プロスカーのジェネリック医薬品です。インドに本拠地がある有名なジェネリック医薬品メーカーのシプラ(Cipla)社によって製造・販売されています。フィンカーは、有効成分としてフィナステリドを1錠に5mg含有しています。

1日1回1錠服用することで、肥大してしまった前立腺を小さくし、それによって出にくくなっていた尿トラブルを解決することができます。フィンカーの有効成分フィナステリドは、前立腺肥大症の治療にも使用されていますが、日本では男性型脱毛症(AGA)治療薬プロペシアにも含まれています。もともとプロペシアは、フィンカーの先発品プロスカーを前立腺肥大症の患者が服用していた時に副作用として強力な発毛・育毛があることがわかって開発されたものです。プロスカーはフィナステリドを5mg含有していますが、それを長期間服用しても安全だということが確立されたので、それよりも低い含有量のフィナステリドにすることでプロペシアは販売されています。そのため、一部のAGAに悩む方がより強力な効果を求めてプロペシアではなく、フィンカーや先発品のプロスカーを服用することがあります。

しかし、それは適切な服用方法ではないので要注意です。フィンカーが治療効果をあらわす前立腺とは、男性だけにある臓器です。前立腺は膀胱の下にあり、尿道を取り囲む様に存在しています。前立腺の一部は直腸にも接しているため、直腸の壁越しに指で触れることもできます。大きさや形はよく栗の実に例えられています。

前立腺の役割は現在でも詳しくはわかっていませんが、一部解明されている働きとして前立腺液の分泌があります。前立腺液は、精液の一部となり、精子を保護したり、精子に栄養を与えるとともに、その運動機能を高める働きをします。そのため、前立腺は男性にとって大切な臓器となっています。前立腺の生理作用は男性ホルモンによって維持されています。前立腺肥大症とは、男性ホルモンの過剰が原因で前立腺が肥大化してしまい、尿道が圧迫され狭くなることで起こります。

主な症状として、尿が出にくい、トイレの回数が増える、尿をした後にスッキリしない等の尿トラブルにまつわる症状をあらわします。発症する頻度は、年齢とともに高くなり、50歳頃から急激に増加します。フィナステリドは、服用することで体内の5α-還元酵素に作用することで治療効果をあらわします。5α-還元酵素は、男性ホルモンのテストステロンをより強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変換する働きがあります。DHTは、体内で前立腺を肥大させたり、ニキビ、男性型脱毛症等の原因となります。フィナステリドは、この5α-還元酵素の働きを阻害することでテストステロンがDHTに変換されるのを邪魔することでこれらの諸症状を改善することができるのです。


L-リジン1,000mgは、必須アミノ酸L-リジンを含有する大人気のサプリメントです。有名なサプリメントメーカーであるSource Naturals(ソース・ナチュラルズ)社によって製造・販売されています。1錠に有効成分としてL-リジンを1,000mgの高用量含有しています。摂取することで集中力の増加や疲労回復、最近ではヘルペスの予防や毛髪の増毛・育毛効果のために多くの方に使用されています。

有効成分のリジン(リシンとも呼ばれている)は英語でLysine、略号ではLysまたはKと表記されています。L-リジンは必須アミノ酸の1つで、ヒトが生きるのに欠かすことのできないアミノ酸です。必須アミノ酸とは、タンパク質を構成するアミノ酸のうち、その動物の体内で十分な量を合成することができず栄養素として外部から摂取しなければならないアミノ酸のことです。その必須アミノ酸の中で、最も不足しやすいアミノ酸がL-リジンです。

L-リジンは、生体のタンパク質中に2~10%含まれています。抗体やホルモン、酵素等の構成成分として利用され、生体の成長や修復に関与しています。ヘルペスの感染を予防する効果があることもわかっており、症状を軽減し治癒を早める効果があることもわかっています。欠乏すると成長障害を起こすことがあり、疲れやすくなったり集中力が低下したり、毛髪や皮膚の成長が阻害されてしまいます。そのため、L-リジンを外部から食事やサプリメント等で補充する必要があります。

とくに毛髪でのL-リジンの重要性は最近注目を集めており、多くのAGA専門クリニックでL-リジンの摂取が推奨されています。髪の毛の主な成分はケラチンというタンパク質でできており、ケラチンはL-リジンを多く含んでいます。L-リジンが欠乏してしまうと、毛髪の成長が遅くなり、細く短くなってしまいます。

最近ではAGA治療のためにL-リジンを配合しているシャンプーも発売されていますが、L-リジン1,000mgはサプリメントとして内服することで身体の内側からAGAを治療するために多くの方に愛用されています。直接頭皮に使用するシャンプーとは異なり、AGAの改善だけでなく疲労回復や集中力アップの効果も期待できるのでお得なサプリメントです。AGA治療の効果を高めたいのであれば、一緒にAGA治療薬の内服薬や外用薬を使用するとより効果的なのでおススメです。

ロニテンジェネリック(ミノキシジル)10mg+フィンカー+Lリジン1000mgセット

プロペシア+ツゲイン5%セット


プロペシア+ツゲイン5%セット


ツゲイン5は、インドの大手製薬会社「シプラ社」から販売されている男性用発毛剤(ミノキシジル外用液)です。

有効成分「ミノキシジル」が高濃度に10%配合されており、男性型脱毛症(AGA)に対して効果を発揮します。

プロペシアは、メルク社が開発したAGA(男性型脱毛症)治療薬です。世界60ヶ国以上で使用されており、効果の実績と安全性の高さに定評があります。抜け毛の予防だけでなく、生えてくる髪質を改善する作用もあります。

プロペシア+ツゲイン5%セット

プロペシア+ツゲイン2%セット


プロペシア+ツゲイン2%セット



プロペシアは、メルク社が開発したAGA(男性型脱毛症)治療薬です。世界60ヶ国以上で使用されており、効果の実績と安全性の高さに定評があります。抜け毛の予防だけでなく、生えてくる髪質を改善する作用もあります。

ツゲイン2は、インドの大手製薬会社「シプラ社」から販売されている男性用発毛剤(ミノキシジル外用液)です。

有効成分「ミノキシジル」が高濃度に10%配合されており、男性型脱毛症(AGA)に対して効果を発揮します。

プロペシア+ツゲイン2%セット

プロペシアジェネリック(フィナステリド)1mg10錠


プロペシアジェネリック(フィナステリド)1mg10錠


プロペシアジェネリックは、育毛に効果を発揮するプロペシアと同じ有効成分フィナステリドを含むジェネリックの育毛剤です。AGAの原因である男性ホルモンの働きを抑制し、抜け毛の進行を抑止するとともに、健やかな髪の毛の育成を助けます。1日1�rの服用で、約9割の男性に効果が見られ、抜け毛の停止や薄毛部分からの発毛が認められました。発がん性が噂された成分を除いた安心処方で、薄毛、抜け毛の抑制に役立てていただける育毛剤です。

抜け毛の原因となる男性ホルモンの活性に関わる酵素、5αリクターゼを阻害する有効成分フィナステリドを含む育毛剤です。飲む育毛剤として、頭部の抜け毛を防ぎ、育毛を促進します。また、前立腺肥大症の改善薬としても用いられており、男性ホルモンをコントロールするうえで高い効果を発揮します。

プロペシアジェネリック(フィナステリド)1mg10錠

フィナスト(5mgフィナステリド5mg錠)30錠


フィナスト(5mgフィナステリド5mg錠)30錠


フィナストは、アメリカのメルク社が製造・販売している前立腺肥大症治療薬プロスカーのジェネリック医薬品です。有効成分として、1錠にフィナステリドを5mg含有しています。1日1回1錠を服用することで、肥大してしまった前立腺を縮小し、それに伴って起こる尿トラブルを解消します。

前立腺とは、女性にはなく男性だけに存在する臓器のことです。前立腺の大きさや形はよく栗の実に例えられており、膀胱の下あたりに尿道を取り囲む様に存在しています。前立腺の一部は直腸にも接しているため、病院などで触診を受けるときに肛門側から指をいれ、直腸の壁越しに触れることもあります。前立腺働きの1つに前立腺液の分泌というものがあります。前立腺液は精子を保護したり、精子に栄養を与えてくれます。そのため、男性にとって前立腺は大事な臓器となっています。

前立腺肥大症とは、男性ホルモンの過剰が原因で前立腺が肥大化してしまい、尿道が圧迫され狭くなることで起こります。加齢とともに前立腺肥大の発症する頻度は高くなり、50歳では30%の方が前立腺肥大症であると報告されています。主な症状として、尿トラブルがあります。尿トラブルとは、排尿症状、蓄尿症状、排尿後症状に分けられます。

排尿症状とは尿が出にくい症状の総称で、尿の勢いが悪い、尿が出始めるのに時間がかかる、尿(尿腺)がわかれる、排尿の途中で尿が途切れる、尿をするときに過剰に力まなければならない等があります。蓄尿症状とは、一般的には頻尿のことを指します。1日に何回もトイレに行く、夜中に頻繁に尿意を催しトイレに行く、急に我慢できないような強い尿意を催す等の症状があります。

排尿後症状とは、排尿後にスッキリしない、尿が残っているような感じがする(残尿感)、尿が終わったと思って下着をつけると尿がもれて下着が汚れる等の症状を指します。フィナストは、これらの尿トラブルを解消するために多くの男性の方に服用されています。

前立腺肥大症の主な原因は、強力な男性ホルモン作用をもつジヒドロテストステロン(DHT)といわれるホルモンです。DHTは、5α-還元酵素といわれる酵素によって男性ホルモンのテストステロンをもとにして生成されています。フィナストの有効成分フィナステリドは、5α-還元酵素に作用し、DHTの生成を阻害することで前立腺肥大症を治療します。DHTは、体内で前立腺を肥大させるだけでなく、ニキビや男性型脱毛症等の原因でもあります。

そのため、有効成分のフィナステリドは、前立腺肥大症の治療だけでなく、日本では男性型脱毛症(AGA)治療薬プロペシアとしても販売されています。AGA治療薬として比較的有名なプロペシアですが、もともとは前立腺肥大症の患者が服用していた時に副作用として発毛・育毛があることがわかって開発されたものなのです。

前立腺肥大治療としてフィナステリド5mg/日の服用を長期間服用しても安全だということが確立されたことで、プロペシアが販売されました。そのため、一部のAGAに悩む方がより強力な発毛・育毛効果を求めてプロペシアではなく、フィナストや先発品のプロスカーを服用することがありますが、それは適切な服用方法ではないので注意が必要です。

フィナスト(5mgフィナステリド5mg錠)30錠

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR