FC2ブログ

アルダラクリームジェネリック(尖圭コンジローマ)

アルダラクリームジェネリック

アルダラクリームジェネリック

尖圭コンジローマは性行為によって感染する、ヒトパミローマウイルスがひきおこす皮膚の異常です。稀に、入浴によってうつることもあります。感染から数週間~8ヶ月ほどで発症し、性器や肛門付近に、乳頭のような尖ったイボを複数発症します。放っておくと、イボの数が増え、大きくなっていきます。

一般的に、尖圭コンジローマを治すには、イボを取り除く治療が必要となります。手術による切除やレーザーによる治療もありますが、アルダラクリームジェネリックはクリーム状なので、手軽に気になる患部に塗布、治療することができます。また、尖圭コンジローマは再発しやすいため、完治した後でも、最低3ヶ月は経過を見る必要があります。アルダラクリームジェネリックは、再発して症状が現れたら、すぐに治療を再開できるという点でも、おすすめのお薬です。

アルダラクリームジェネリックは、イボを発症する尖圭コンジローマに対して、有効成分である免疫調整剤イミキモドが作用。イミキモドは、皮膚の免疫細胞の働きを促し、サイトカインというαインターフェロンを放出します。このサイトカインが、尖圭コンジローマをはじめとする、異常な細胞の増殖を抑え、治癒にはたらきます。このように、皮膚の免疫系を戻すことにより、皮膚の表面の異常を修復し、正常な状態にしてくれます。また、良性皮膚がんや日光角化症などの皮膚細胞等の異常も抑え、健やかな肌へと導きます。

>>>アルダラクリームジェネリック

アルダラクリームジェネリック(尖圭コンジローマ)

アルダラクリームジェネリック

アルダラクリームジェネリック

尖圭コンジローマは性行為によって感染する、ヒトパミローマウイルスがひきおこす皮膚の異常です。稀に、入浴によってうつることもあります。感染から数週間~8ヶ月ほどで発症し、性器や肛門付近に、乳頭のような尖ったイボを複数発症します。放っておくと、イボの数が増え、大きくなっていきます。

一般的に、尖圭コンジローマを治すには、イボを取り除く治療が必要となります。手術による切除やレーザーによる治療もありますが、アルダラクリームジェネリックはクリーム状なので、手軽に気になる患部に塗布、治療することができます。また、尖圭コンジローマは再発しやすいため、完治した後でも、最低3ヶ月は経過を見る必要があります。アルダラクリームジェネリックは、再発して症状が現れたら、すぐに治療を再開できるという点でも、おすすめのお薬です。

アルダラクリームジェネリックは、イボを発症する尖圭コンジローマに対して、有効成分である免疫調整剤イミキモドが作用。イミキモドは、皮膚の免疫細胞の働きを促し、サイトカインというαインターフェロンを放出します。このサイトカインが、尖圭コンジローマをはじめとする、異常な細胞の増殖を抑え、治癒にはたらきます。このように、皮膚の免疫系を戻すことにより、皮膚の表面の異常を修復し、正常な状態にしてくれます。また、良性皮膚がんや日光角化症などの皮膚細胞等の異常も抑え、健やかな肌へと導きます。

>>>アルダラクリームジェネリック

ケトコナゾールクリーム(カンジダ症や水虫)

ケトコナゾールクリーム(カンジダ症や水虫)

ケトコナゾールクリーム

ケトコナゾールクリームは、水虫(白癬)、皮膚カンジダ症の患部に直接塗るだけの簡単な処置で、気になる症状を改善してくれるお薬です。他の抗真菌クリームと比べると即効性があるクリームです。また肌に留まる時間が長く、一度塗ると殺菌効果が長持ちします。副作用が少ないため、長期使用に適していて、カンジダ症や水虫をじっくり治すことができます。

かゆみの原因となるカンジダ菌は、もとからわたしたちの体内にある菌です。カンジダ症は身体の免疫や抵抗力が落ちているときに発症しやすく、癜風は高温・多湿で発症しやすい病気です。 水虫の場合は、白癬菌という菌が皮膚につくことで発症します。ケトコナゾールクリームの有効成分、ケトコナゾールは、これらの症状をを引き起こす、各種真菌の細胞膜を破壊・強力に殺菌することで、不快な症状を緩和します。なお、塗るときは、患部の周りにも菌が生息していることがあるので、少し広めに塗り拡げるといいでしょう。

カンジダ症も水虫もあまり人に知られたくない病気です。特にカンジダ症は性交時に相手にうつることもありますから、内緒で早期に治したいという人も多いはず。そのため、自宅などで手軽に治療できる抗真菌薬ニゾラルクリームは、他の抗真菌薬より早く効果がでると、多くの支持を得ています。カンジダ菌、水虫の白癬菌などの、あまり人に知られたくない病気も内緒で治療して、快適な生活を取り戻しましょう。

>>>ケトコナゾールクリーム

ラミシールジェネリック(水虫治療)

ラミシールジェネリック(水虫治療)

ラミシールジェネリック

ラミシール(テルビナフィン)は、真菌症の薬です。塗り薬で治りにくい爪の水虫や角化型の水虫などに服用されています。水虫は、白癬菌(皮膚糸状菌)というカビで起こるもっとも身近な真菌症と言われています。ラミシールの成分テルビナフィンは、真菌の細胞膜を破壊して殺菌的に作用し、主に水虫治療などに使用されています。

>>>ラミシールジェネリック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR