FC2ブログ

コルガウト (コルヒチン) 0.5mg


コルガウト (コルヒチン) 0.5mg


痛風とは、関節に溜まった尿酸が原因で起きます。痛風発作の時には、激しい痛みと腫れを伴うため歩けなくなることもあります。発作の引き金になっているのは、白血球の尿酸への攻撃と言われており、白血球が関節内に集まるのを抑制する作用があると言われています。
コルヒチンとは、イヌサフランという植物の種子で以前から痛風の特効薬として知られていました。コルヒチンには痛風の原因となる尿酸を抑える効果はないため、主に痛風発作の初期段階に効果があると考えられています。
成人の場合には、痛風の発作予感時に1回0.5mgを内服します。長期間にわたる予防的内服は、血液障害、生殖器障害、肝臓や腎機能障害、脱毛などの重い副作用を起こす可能性があるので推奨されていないので、基本的に発作時に頓用で使用します。
コルヒチンは、エリスロマイシンなどの抗生物質や抗真菌薬、肝炎治療薬や免疫抑制剤などと併用すると相互作用が起きる可能性があるので、すでに病院から処方された薬を内服している場合には確認が必要です。
コルヒチンは妊娠中に使用できない内服薬で、肝臓や腎臓の機能障害がある方、高齢の方、持病のある方も服用量を調整する必要があるため事前に医師に相談するようにしましょう。

コルガウト (コルヒチン) 0.5mg

アロプリノール100mg


アロプリノール100mg


アロプリノール100mgは、尿酸値が高いことにより発生する耐え難い痛み(痛風発作)を予防するためのお薬です。

血液中の尿酸値が高い疾患のことを「高尿酸血症」といいます。

高尿酸血症と診断されるための尿酸値の目安は7.0mg/dLを超える場合です。

痛風(急性関節炎)は、そのような尿酸値が高い状態になると起こります。

血中尿酸値が高いことにより関節中で尿酸が結晶化し、その尿酸結晶がたまることで耐え難い痛みをあらわすのです。

「風があたるだけでも痛い」といわれる痛風。

最初に経験する痛風発作は、尿酸の結晶が沈着しやすい足の親指に頻発します。

夜間に突然発症することが多く、激しい痛みと腫れが2~3日続きます。

ちなみに、98~99%の患者は男性です。

痛風を放置すると、関節が変形したり、腎臓など内臓にも悪い影響がでたりするので速やかに治療する必要があります。

アロプリノール100mgは尿酸降下薬といわれています。

アロプリノールは、古くから痛風や高尿酸血症の治療に広く用いられています。

服用すること尿酸の生合成をおさえ、体内の尿酸を減らすことができます。

尿から排出される尿酸が減少するので、尿酸結石を合併している人に特におススメです。

アロプリノール100mg

【ヒマラヤ】ルマラヤフォルテ(関節痛)


【ヒマラヤ】ルマラヤフォルテ(関節痛)


ルマラヤフォルテは関節や骨や筋肉など整形外科領域のトラブルを予防改善してくれるサプリメントです。
インドの伝統医学アーユルヴェーダの思想をベースに、最新の医学知識・技術のもとで研究開発されました。インドの有名医薬品メーカー「ヒマラヤ社」が製造販売しています。

アーユルヴェーダはギリシャ・アラビア医学、中国医学とともに「世界三大伝統医学」といわれる有名な医学療法です。日本でもヨガやエステなどでアーユルヴェーダが多く取り入られています。
アーユルヴェーダでは人間が持つ自然エネルギーのバランスが心身に大きく影響すると考えられており、そのエネルギーに働きかけて心・精神・肉体のバランスを整え身体を癒すことを目的としています。
病気や症状の治療&対症療法だけではなく、病気の予防、病気や症状の根本的な原因の排除、体質改善、健康・美容の維持促進にも重点を置いています。

ルマラヤフォルテの有効成分は多くの効果効能を持つ何種類もの天然ハーブです。シャラキ ・グッグル・グドゥチなどのアーユルヴェーダの中でも特に優れたハーブがたっぷりと配合されており、これらのハーブが身体の痛みや炎症を抑えて心身の健康をサポートしてくれます。
アーユルヴェーダ医学の薬は全て天然ハーブなどの自然から得られたもので、身体に優しく副作用がないことが特徴です。西洋医学の鎮痛薬は長期間服用すると胃腸障害などの副作用が頻発してしまいますが、ルマラヤフォルテはそのような心配がありません。

ルマラヤフォルテのフォルテは「強力」という意味で、西洋医学の医薬品に匹敵するような強さで鎮痛・抗炎症・関節や骨の保護などの効果を発揮します。

ルマラヤフォルテには何種類ものハーブが含まれているため、非常に多くの効果効能を持ち合わせています。

整形外科領域の治療に効果的な主な作用は、関節軟骨の健康に欠かせないグリコサミノグリカンの損傷を抑制することで関節軟骨の破壊を抑制する作用・抗炎症作用・鎮痛作用・血行促進作用・抗酸化(若返り)作用・強壮作用などです。
関節炎・筋肉痛・関節リウマチ・変形性関節症・肩こり・四十?五十肩、頚椎症・腰椎症・坐骨神経痛・関節炎・痛風など、整形外科領域のあらゆる痛みや炎症に対して改善効果を発揮します。予防効果もあるので、痛くなる前から服用しておくのも有効です。
また、多くの効果効能があるので痛みなどがなくても健康・美容サポートのサプリメントとして日常的に服用しておくこともお勧めできます。
ルマラヤフォルテの効果効能は臨床試験でも実証されており、鎮痛・抗炎症効果はサプリメントで有名なグルコサミンやコンドロイチンよりも遥かに強力で有益であるという研究結果が出ました。

【ヒマラヤ】ルマラヤフォルテ(関節痛)

【ヒマラヤ】シストーンシロップ(泌尿器系)


【ヒマラヤ】シストーンシロップ(泌尿器系)


シストーンシロップは、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造・開発された尿路結石の予防・治療薬です。

1930年に創業が開始された100年近い歴史をもつ老舗のサプリメントメーカーであるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売がされています。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた生薬を大量に使用し、100%天然成分のみで構成されているのにもかかわらず強力な効果が得られるといわれています。

服用することで膀胱や腎臓でできた結石を溶かすあるいは砕くことができ、結石によってできた炎症症状および痛みを鎮めてくれます。

【ヒマラヤ】シストーンシロップ(泌尿器系)

フェブリク錠ジェネリック40mg


フェブリク錠ジェネリック40mg


フェブリク錠ジェネリック40mgは高尿酸血症治療薬です。

高尿酸血症は、痛風の原因となる疾患です。

尿酸とは、体内に存在するプリン体などが分解された最終産物であり不要な老廃物です。

血中の尿酸値が高い状態が持続すると、尿酸が体内で結晶化し、その結晶が足の親指関節などに沈着することで激痛が生じる痛風発作を起こします。

そのため、痛風発作や腎障害の予防のために高尿酸血症の改善が急務とされています。

フェブリク錠ジェネリック40mgは、痛風の原因となる尿酸の合成を強力に抑制することで血中の尿酸値を低下させ、痛風発作による節々の痛みや、尿酸結石の形成を予防することができます。

注意点は、フェブリク錠ジェネリック40mgは、すでに起きてしまった痛風発作の痛みには効果がないということです。

痛風発作が起きて激しい痛みがあるときは、発作用のお薬を服用するようにしてください。

フェブリク錠ジェネリック40mg

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR