FC2ブログ

アクトス


アクトス15mg


アクトス15mg


内服の血糖降下薬は作用で大きく分類すると、「インスリンを出しやすくする薬」・「インスリンを効きやすくする薬」・「食事中の糖の吸収を抑えたり排泄を促す薬」の3つに分かれます。

アクトスは「インスリンを効きやすくする薬」に属する血糖降下薬です。

インスリンに対する身体の感受性を高めることで、インスリンを効きやすくして血糖値を下げます。

そのため「インスリン抵抗性改善薬」と呼ばれることも多いです。

肥満気味で、インスリンに対する感受性が鈍くなった方に適しています。

アクトス15mg

血糖は名前の通り血液中の糖分のことで、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンで血糖の量は調節されています。
通常体内では常に少量のインスリンが血液中に分泌されており、食後に血糖が上昇すると追加で大量のインスリンが分泌され血糖が下がるという仕組みになっています。

このインスリンが減少したり働きが悪くなると血糖値が上昇してしまい、正常範囲を超えると「糖尿病」となります。
初期の糖尿病はほとんど無症状ですが、放置すると手足の痺れ(神経障害)や壊疽、眼疾患(網膜症)、腎臓病(糖尿病性腎症)などの様々な重い合併症を誘発する恐ろしい疾患です。
血糖値を正常値内に保ちコントロールすることは、将来起こり得る疾患や命の危険を予防することに繋がります。

アクトスは薬学的には「チアゾリジン薬」に分類される薬です。
インスリンに対する身体の感受性を改善して効きやすくすることで血糖を下げるという作用から、「インスリン抵抗性改善薬」とも呼ばれます。
単独で使用する他、作用の異なる別系統の血糖降下薬と併用することも多いです。SU薬、α-グルコシダーゼ阻害薬、ビグアナイド系薬と併用可能です。

アクトスの主な作用は、「インスリン抵抗性改善作用」です。筋肉・脂肪組織などの末梢器官に血糖を取り込みやすくします。
組織に取り込まれた糖分は身体活動をするためのエネルギー源となって使用されます。血糖が取り込まれやすくなると血糖は下がりやすくなるのです。
これはアクトスがPPAR?という受容体を活性化することで、インスリンの感受性を悪くする作用を持つTNF-αという物質の働きを抑えるためだと言われています。

次に、「肝臓での糖新生抑制作用」があります。
肝臓には糖分が「グリコーゲン」という糖の前駆体のようなものの状態で貯蔵されています。アクトスはこのグリコーゲンがグルコース(糖そのもの)に分解されて血液中に放出されるのを防ぎ、血中の血糖値を下げます。?

また、「脂質減少作用」も持ち合わせています。
アクトスはPPAR?を活性化させることにより血糖値を下げると先述しましたが、PPAR?を活性化すると脂質が下がる作用があるため、結果コレステロールや中性脂肪などの脂質が低下します。
更に、それに付随してアクトスは動脈硬化の進行を抑制する効果もあることが判明してます。

様々な作用があるアクトスですが、インスリン分泌を増やす作用はないためインスリン分泌能のみが低下しているタイプの糖尿病の方にはあまり適していません。

アクトス15mg



アクトス45mg


アクトス45mg


内服の血糖降下薬は作用ごとに大きく3種類に分類されます。

「インスリンを出しやすくする薬」・「インスリンを効きやすくする薬」・「食事中の糖の吸収を抑えたり排泄を促す薬」の3種類ですが、アクトスは「インスリンを効きやすくする薬」に属する血糖降下薬です。

インスリンに対する身体の感受性を高めることで、インスリンを効きやすくして血糖値を下げます。臨床の現場では「インスリン抵抗性改善薬」と呼ばれます。

肥満気味で、インスリンに対する感受性が鈍くなったことが原因で血糖値が上がった方に特に向いています。

アクトス45mg

血糖は名前の通り血液中の糖分を意味します。血糖の量の調節は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが担っています。
健康な方の体内では常に少量のインスリンが血液中に分泌されており、食後に血糖が急に上昇すると追加で大量のインスリンが分泌されて血糖が下がるという仕組みがあります。

このインスリンの分泌量が減少したり働きが悪くなると血糖値が上昇してしまい、正常範囲を超えると「糖尿病」となります。
糖尿病は治療せず放っておくと、手足の痺れ(神経障害)や壊疽、眼疾患(網膜症)、腎臓病(糖尿病性腎症)などの様々な重大な合併症を誘発してしまう恐ろしい疾患です。
血糖値を適切にコントロールすることは、将来起こり得る疾患や命の危険の予防に繋がります。

アクトスはインスリンに対する身体の感受性を改善して効きやすくすることで血糖を下げるという作用から「インスリン抵抗性改善薬」と呼ばれますが、薬学的には「チアゾリジン薬」とも言われます。

アクトスの主な作用は、「インスリン抵抗性改善作用」です。筋肉・脂肪組織などの末梢器官に血糖を取り込みやすくします。
組織に取り込まれた糖分は身体活動をするためのエネルギー源となって使用され、血糖は下がりやすくなります。
この作用は、アクトスがPPAR?という受容体を活性化することでインスリンの感受性を悪くさせるTNF-αという物質の働きを抑えるためだと言われています。

また、「肝臓での糖新生抑制作用」もあります。
肝臓には糖分が「グリコーゲン」という糖の前駆体のようなものの状態で貯蔵されています。アクトスはこのグリコーゲンが糖になって血中に送られるのを抑制し、血中の血糖値を下げます。 

更に、「脂質減少作用」も兼ね備えます。
アクトスはPPAR?を活性化させることにより血糖値を下げると先述しましたが、PPAR?を活性化すると脂質が下がる作用があるため、結果コレステロールや中性脂肪などの脂質が低下します。また付随するように、アクトスは動脈硬化の進行を抑制する効果があることも明らかになっています。

アクトスにインスリン自体を増やす作用はないため、主にインスリン分泌能が低下しているタイプの糖尿病の方にはあまり効果が期待できません。

アクトスは単独で使用する他、作用の異なる別系統の糖尿病治療薬と併用することも多いです。SU薬、α-グルコシダーゼ阻害薬、ビグアナイド系薬と併用可能です。

アクトス単独の使用だと低血糖は起こりにくいためその点は安心ですが、特に女性ではアクトス特有の副作用である浮腫(むくみ)が起こりやすいというデメリットがあるので注意が必要です。

アクトス45mg

メトホルミン850mg


メトホルミン850mg


メトホルミンは血糖降下作用を持つ2型糖尿病治療薬です。

日本では1961年に登場した古い薬ですが、発売当初から世界中で揺るぎない人気を誇る薬です。

現在でも2型糖尿病治療の第一選択薬として非常に多く使用されています。

特に肥満型の糖尿病患者に適しています。

メトホルミンは肝臓での糖新生抑制・末梢での糖利用促進・糖の吸収抑制の3つの作用で血糖を下げます。

また、近年メトホルミンには心血管疾患の発症リスクの低下・ガン抑制などといった延命効果&アンチエイジング効果があるとも言われており、可能性を秘めた薬と評価されています。

メトホルミン850mg

メトホルミンは「ビグアナイド(BG)剤」と呼ばれる2型糖尿病治療薬です。
糖尿病治療において主流の薬であるスルホニルウレア(SU)剤のインスリン分泌促進作用とは異なり、膵臓でのインスリン分泌を介することなく血糖降下作用を発揮します。(「膵外作用」と言います。)

メトホルミンは3つの作用によって血糖をコントロールします。

まずは肝臓での糖新生抑制作用です。
インスリンに対する身体の感受性を高め、肝臓での糖分の生成を抑えます。

次に、末梢での糖利用促進作用です。
筋肉や脂肪組織など末梢の部位で糖分が利用消費されるのを促進します。

そして、腸管からの糖吸収抑制作用です。
小腸で糖分が体内に吸収されるのを抑制します。

ただし、長期的な服用においてはBG剤特有の重い副作用である「乳酸アシドーシス」に注意する必要があります。
滅多に起こりませんが、乳酸アシドーシスは血液中に乳酸が溜まり血液が酸性になり、消化器症状、筋肉痛、倦怠感、呼吸困難などの症状が現れる危険な病態です。

メトホルミンはBG剤の中では比較的そういった副作用が少なく安全性が高いため、世界的に非常に多く使用されています。
メトホルミン単独投与では、薬の効きすぎによる低血糖症状も起こりにくいです。
その安全性の高さと海外におけるメトホルミンの治療実績をふまえ、近年では日本でも高用量の投与が認められました。

メトホルミンは体重増加しにくいことから肥満型の2型糖尿病に特に適しています。
まだ研究途中ですが、メトホルミンは心血管疾患の発症リスクを減らす・癌を抑制するなどの延命&アンチエイジングの効果がある薬だということが判明してきているため、今後更に期待されている薬なのです。

メトホルミン850mg

ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)30mg


ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)30mg


2型糖尿病治療に使用される血糖降下内服薬は大きく分類すると「インスリンを出しやすくする薬」・「インスリンを効きやすくする薬」・「食事中の糖の吸収を抑えたり排泄を促す薬」の3つに分類されます。

ピジョンは「インスリンを効きやすくする薬」に分類される血糖降下薬です。

インスリンに対する身体の感受性を高めることで、インスリンの身体への効能を高めて血糖値を下げます。

そのため「インスリン抵抗性改善薬」とも呼ばれます。

肥満気味で、インスリンに対する感受性が鈍くなりインスリンが効きにくくなったことが原因で血糖値が上昇した方に特に適しています。

ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)30mg

血糖をコントロールする働きを持つインスリンというホルモンの分泌量が減少したり働きが悪くなると血糖値が上昇し、常に正常範囲を超えた状態が2型糖尿病です。

2型糖尿病は生活習慣病のひとつであり、治療せず放置すると、手足の痺れ(神経障害)や壊疽、眼疾患(網膜症)、腎臓病(糖尿病性腎症)などの多岐に渡る重大な合併症を誘発する恐ろしい疾患です。
血糖値を適切にコントロールすることは、将来起こり得る命に関わる疾患や延命に繋がります。

ピジョンの有効成分ピオグリタゾンの主な作用は、「インスリン抵抗性改善作用」です。
筋肉・脂肪組織などの末梢器官に血糖を取り込みやすくします。

こういった組織に取り込まれた糖分は身体活動をするためのエネルギー源として利用されるため、血糖が下がりやすくなります。
この作用は、有効成分ピオグリタゾンがPPAR?という受容体を刺激してホルモンの一種であるアディポネクチンを増加させるとともに、インスリンの感受性を悪くさせるTNF-αという物質の働きを抑えるためだと言われています。

また、「肝臓での糖新生抑制作用」もピオグリタゾンの作用のひとつです。
肝臓には糖分が「グリコーゲン」という糖の前駆体の状態で貯蔵されています。

有効成分ピオグリタゾンはこのグリコーゲンが糖になって血中に送られるのを抑制し、血中の血糖値を下げます。 
更に、「脂質減少作用」もあります。

有効成分ピオグリタゾンはPPAR?を活性化させることにより血糖値を下げると先述しましたが、PPAR?を活性化するとアディポネクチンが増えることで脂質が下がる作用があるため、結果的にコレステロールや中性脂肪などの脂質が低下します。
そのため有効成分ピオグリタゾンは血糖を下げるだけでなく、コレステロール値や中性脂肪値の低下、それに伴います動脈硬化の進行を抑制する効果が期待できます。

有効成分ピオグリタゾンにインスリン自体を増やす作用はないため、主にインスリン分泌能が低下しているタイプの糖尿病の方にはあまり効果が期待できないことがデメリットです。

ピジョンは単独で使用する他、作用の異なる糖尿病治療薬と併用する機会も多いです。
尚、ピジョン単独での使用時は低血糖は起こりにくいです。

ただし、特に女性では有効成分ピオグリタゾン特有の副作用である浮腫(むくみ)が起こりやすいため注意が必要です。

ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)30mg

グリコメット(塩酸メトホルミン)500mg


グリコメット(塩酸メトホルミン)500mg


グリコメットは「ビグアナイド(BG)剤」と呼ばれる2型糖尿病治療薬であり、主に3つの作用によって血糖を下げます。

一つめは肝臓での糖新生抑制作用です。インスリンに対する身体の感受性を高め、肝臓での糖分の生成を抑えます。
二つ目は末梢での糖利用促進作用です。筋肉や脂肪組織など末梢の部位で糖分が利用消費されるのを促進します。
三つ目は腸管からの糖吸収抑制作用です。小腸で糖分が体内へと吸収されるのを抑制します。

グリコメットの有効成分メトホルミンに膵臓でのインスリン分泌を促進する作用はありませんが、上記に記載したような幅広い作用(膵外作用)を持っていることが特徴です。
また、体重増加しにくいことから肥満型の2型糖尿病に特に適しています。

ただし、BG剤特有の重い副作用である「乳酸アシドーシス」に注意が必要です。
滅多には起こりませんが、乳酸アシドーシスは血液中に乳酸が溜まり血液が酸性になって消化器症状、筋肉痛、倦怠感、呼吸困難などの症状が現れる命に関わる病態です。

肝臓で乳酸やアミノ酸からの糖新生を抑制することで血糖を下げるため、体内で乳酸が蓄積されてしまう傾向になります。
通常であれば乳酸が溜まると肝臓で代謝されますが、肝機能低下などで乳酸の代謝が追いつかないと乳酸アシドーシスが起こる恐れがあります。

グリコメットの有効成分メトホルミンはBG剤の中では比較的そういった副作用が少なく安全性が高いため、世界的に非常に多く使用されています。
単独投与では薬の効きすぎによる低血糖症状でさえも起こりにくいです。

その安全性の高さと海外における有効成分メトホルミンの治療実績をふまえ、近年では日本でも高用量の投与が認められました。

まだ研究途中ですが、有効成分メトホルミンは心血管疾患の発症リスクを減らす・癌を抑制する・死亡リスクを減らして延命させるなどといったアンチエイジング的な効果がある薬だということが判明してきているため、今後更に期待される可能性に溢れた薬なのです。

グリコメット(塩酸メトホルミン)500mg

グルコバイ(アカルボース)25mg


グルコバイ(アカルボース)25mg


グルコバイ25mgは、食事に含まれている糖分(炭水化物)の急な吸収を抑制し、食事することによる急激な血糖値の上昇を抑えることができるお薬です。

糖尿病の治療薬として使用されています。

グルコバイ25mgは、食後血糖改善薬ともいわれ1990年にドイツでバイエル社によって発売されました。

服用することで食後の急激な血糖上昇をおさえることができます。

その作用メカニズムは、腸からの糖分の消化吸収をゆっくりと遅らせることで効果を発揮します。

食後に分泌される血糖値を下げるホルモンのインスリン分泌の節約になるので、膵臓に負担をかけることもなく日々の血糖値を良好にコントロールすることができるので、将来起こるかもしれない糖尿病による様々な合併症の予防効果も期待できます。

グルコバイ(アカルボース)25mg

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR